将来に渡るお付き合い - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅・不動産トラブル

高橋 正典

高橋 正典
不動産コンサルタント

- good

将来に渡るお付き合い

2008/12/03 17:04

はじめまして。エスケーホームプロパティの高橋と申します。

設計図の内容と違う施工になる・・・このようなケースは、残念ながらとても

多いのです。 今回はLDKと和室をつなげたとの事ですから、そこの部分は

梁が出ているのでしょうか?

ちなみに、図面にはフラットの表記があるようですが、その場合の天井高は

記載されていますか? 梁が抜けないのに、フラットにするには、その梁下

から天井を施工して、一応フラットにする場合があります。結果的に、天井高

が全体として10cm低くなります。

それを避ける為に、あえて高く天井高を取れる部分は取り、梁はクロス巻きと

するというのも、一つの親切です。

その辺を現場で判断してくれた結果なのか? 或いは、本当のミスなのか?

ただ言える事は、営業マンの言い分は全く間違っている点です。


仮に、もし間違えだったとして、どう始末をつけるか・・・

勿論、値引きを迫る方法もあるでしょう。  しかしながら、その10cmが

将来に渡り遺恨を残す結果となるほど重要であったか。。。

経緯がわかりませんので、軽率な事は言えませんが、住まいはこれから長き

に渡り、売主や施工主とお付き合いしていくものです。

むしろ、信頼関係はこれから再構築していくものと考えてもいい位です。

出来ることなら、穏便に常識ある交渉で、後に遺恨を残すことのないように

慎重にお話される事をおすすめします。





ご参考になりましたでしょうか?

この御縁がhigoro様にとって、素晴らしきものとなりますよう願っております。

        株式会社エスケーホームプロパティ
            代表取締役 高橋 正典

         家を通して考えるライフデザイン

        夢を現実へ〜西新宿で働く経営者のブログ〜

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

内覧会後の図面違い

住宅・不動産 住宅・不動産トラブル 2008/12/02 23:55

内覧会に参加したところ、かなり気に入って購入した部分が図面と違いました。
よくある、LD拡張プランで和室をなくしたのですが、和室との境目部分、LDサッシとサッシの間が壁(10センチくらい飛び出しています… [続きを読む]

higoroさん (東京都/33歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

引渡延期による損害賠償について くりかめさん  2013-09-06 17:37 回答2件
新築建売内覧会で床下にカビが見つかりました たまたまさん  2015-10-01 10:24 回答2件
調査ミス ほのさん  2013-09-24 07:45 回答1件
瑕疵責任について ringonokiさん  2013-02-27 16:45 回答1件
新築マンション購入 指摘箇所120 カビ エリキャンさん  2012-05-29 18:48 回答2件