取得日の違い。 - 大黒たかのり - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

取得日の違い。

2008/12/02 11:12

maquiaさん
こんにちは、税理士の大黒崇徳です。

減価償却につきましては、平成19年度に税制改正があり、平成19年4月1日以降取得する減価償却資産については、現行の法定耐用年数経過時点の残存割合を撤廃(10%→0%)し、法定耐用年数経過時点で全額償却(備忘価額1円)可能な制度となります。(250%定率法)

250%定率法とは、定額法の償却率(1/耐用年数)を2.5倍(250%)した率を償却率とする定率法により償却費を計算します。この償却費が法定耐用年数から経過年数を控除した期間内にそのときの帳簿価額を定額法で全額償却すると仮定して計算した償却額を下回るときに、償却方法を定率法から定額法に切り替えて、備忘価格まで償却する方法です。

ご質問の「0.438」は、平成19年4月1日以降取得した減価償却資産については使用し、「0.625」は、平成19年3月31日以前に取得した減価償却資産について使用します。

ちなみに、従来の償却方法は、その名称が「旧定率法」等に改められました。

もし、ご不明な点がありましたら遠慮なくご連絡下さい。

回答専門家

大黒たかのり
大黒たかのり
( 東京都 / 税理士 )
大手町会計事務所 代表税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

減価償却の定率法の償却率について

マネー 税金 2008/12/01 23:24

減価償却の定率法の償却率について見ていると、耐用年数4年で「0.438」というものと「0.625」というものがありました。
この違いはなんなんでしょうか。
正しい計算の仕方を教えてください。

よろしくお願いします。

maquiaさん (大阪府/25歳/女性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

年末調整配偶者特別控除申告の際の通勤手当について キラキラママさん  2016-11-10 21:56 回答1件
勤労学生の年収150万以上について。 ゆゆん。さん  2016-05-31 11:42 回答1件
個人事業主の譲渡所得と消費税について きぃちゃんさん  2016-03-15 02:26 回答1件
急いでいます。。年金受給者の確定申告 カトリせんこさん  2016-02-23 12:36 回答1件
外貨保険の税金 rin72さん  2016-02-04 14:19 回答1件