払込相当額の9割ではありませんのでご注意を - 植森 宏昌 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
植森 宏昌 専門家

植森 宏昌
ファイナンシャルプランナー

- good

払込相当額の9割ではありませんのでご注意を

2008/11/30 17:25

はじめまして、ミカエル777様。アイスビィの植森宏昌です。

ご主人様、大変な状況なんですね。これからも金銭的な部分以外も含め御苦労がおありになるとは思いますが頑張って下さいね。

先ず、一部、勘違いされている部分がございますので記載させて頂きます。確かに仰る通り「定額個人年金」は受取時の年金額は加入時に確定しています。しかしながら、保険会社が破綻した場合、保護されているのは払込保険料相当額の9割では無く責任準備金の9割です。少し聞きなれない言葉で、ややこしい話ですが基本的には払込保険料相当額よりも少ないケースが多いと言えます。ここで言う「責任準備金」とは、生命保険会社が将来の保険金、年金、給付金等の支払に備え、保険料や運用収益などを財源として積み立てている準備金のことで、保険業法により積み立てが義務づけてられています。保険契約者から払い込まれる保険料は、預貯金と異なり、一部は保険金等のお支払や保険契約の維持管理費用等に充当され、その残額が責任準備金として積み立てられ、運用されることになりますので、一般的には、責任準備金の金額は払い込まれた保険料の合計額よりも少なくなります。また、保険金、年金等の90%が補償されるものではなく、個人変額年金保険に付されている年金原資保証額等についても、その90%が補償されるものではありません。ご注意くださいね。

以上の観点から、やはり安全で安定した会社に預けるのが良いのかな・と言えますね。最終的には、信頼できるFPなりを決め、相談しながら分散するのが1番良いかと思います。

回答専門家

植森 宏昌
植森 宏昌
( 大阪府 / ファイナンシャルプランナー )
有限会社アイスビィ 代表取締役
0120-961-110
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

お客様との信頼関係を大切に!一生涯の安心と満足をご提供

将来のリスク対策やライフプランの実現に向けて、保険・投資・資産運用に関する知識や解決策をご提供すると共に、お客様に最適な商品をトータルにプランニング。お客様との信頼・信用を大切に、利害や損得を超えた末永いお付き合いをモットーとしております。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

定額年金保険について教えてください。

マネー 投資相談 2008/11/30 02:42

数年前に夫が交通事故に遭い、損害賠償金として1億円以上のお金を受け取りました。
夫は寝たきりの状態(回復の可能性は低い)で、いまは自宅で24時間介護をしています。
この受け取った損害… [続きを読む]

ミカエル777さん (東京都/57歳/女性)

このQ&Aの回答

定額年金と国債の比較及び他の商品紹介 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2008/11/30 11:22
目的に適った運用を 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2008/11/30 23:47
相続税法24条「定期金に関する権利」 大黒たかのり(税理士) 2008/12/01 10:38
払い込んだお金の9割ではありません 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2008/11/30 09:03
相続税対策について 2008/11/30 13:01

このQ&Aに類似したQ&A

住宅売却によるお金の運用 猪八戒さん  2013-01-25 22:13 回答0件
投資信託と販売会社の選択基準について pokaさん  2008-10-20 22:49 回答6件
オフショアの積立投資に興味があります ひままさん  2008-09-18 12:44 回答2件
積立投信、何を選んだらよい? にゃぽさん  2008-09-20 01:56 回答5件