自分の思いと現実のギャップ - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:キャリアプラン

竹間 克比佐

竹間 克比佐
転職コンサルタント

- good

自分の思いと現実のギャップ

2008/12/02 10:50
(
3.0
)

uraraka_daysさま
内容良く分かりました。人生は一回きりです。悔いのないように進めるべきだとは思います。しかし、冷静に考えると少し無謀なやり方で有るようにも感じます。勿論、美術関連のお勉強は、以前より沸々とお気持ちのなかで沸いてきたのであろうと感じます。しかし、半導体のお仕事5年間止めてしまう事は、確かですよね。それは、働くと言う見地からは「専門職」としてのご経験を下げてしまうと考えられます。また、。36歳と言う社会においても微妙な状況下では、いざ就職と思った時に市況の冷え込みが今以上に悪化していた時に不利になるようにも感じます。

もし、美術大学に行くのであればその先の就職先も美術の中で学び取った事を活かせる就職先等の確保をして当たるべきではないでしょうか?これが、20代で今のお仕事経験も1〜2年程度であれば
やり直しは聞きますが、もう7年も就労されておいでですから気になるところです。
これからは、ジェネラリストの時代ではなく、スペシャリストも時代ではないでしょうか?人生を変える時期なのでしょうが?その点も考慮して「勉学」の道もご選択下さいませ。大学を卒業してから若し、半導体の方向にお戻りを考えておいでであればそれは、給与も下がる事は覚悟された方が良いと思います。企業は、「即戦力」のみを望まれる事がおおいですからね。

ご回答になっていれば幸いです。

評価・お礼

uraraka_days さん

竹間さん
アドバイスありがとうございます。本当は大学で学んだ事を活かせる就職先があれば、一番いい形なのですが、現段階で確保するのは極めて困難なように思います。卒業段階であれば、もしかしたら可能性があるのかもしれませんね。
2つの異なる分野であるエンジニアリングと美術の2つを結びつけられるような働き方があれば、今までの経歴を無駄にせずに済むのでスマートなのですが、そういう働き方はなかなか思い描く事が出来ませんでした。
そういう意味も込めて、現職復帰の線が一番可能性が高いのではないかと考え、このような相談をさせていただきました。
給与は、本来働かなければならない所を自分の学びたい事を学ぶのですから、下がる事はやむを得ないと思っています。ただ、定職につけなくなるような事態だけはなんとしても避けたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

高齢大学生の卒業後の進路について

キャリア・仕事 キャリアプラン 2008/11/29 17:57

初めまして。私は現在30歳男性で、4年制大学工学部を卒業後、半導体メーカーでプロセスエンジニアとして働いている者です。就職して今年で7年目になります。
現在の就職難の時代に贅沢だとは思うの… [続きを読む]

uraraka_daysさん (熊本県/30歳/男性)

このQ&Aの回答

状況 中井 雅祥(転職コンサルタント) 2008/12/01 09:36
普段の質的データ収集も大切 西田 奈穂子(キャリアカウンセラー) 2008/11/30 11:58
現実と夢との折りあえる術を検討してみませんか。 葉玉 義則(キャリアカウンセラー) 2008/11/30 16:24
視点を変えてみましょう! 藤崎 葉子(キャリアカウンセラー) 2008/12/09 18:07

このQ&Aに類似したQ&A

4回目の転職への迷い かわ人さん  2007-12-03 23:29 回答4件
夢を追いかけるか、現実をみるか。 iaktfさん  2011-10-30 02:58 回答1件
これからの自分のキャリアについて相談です。 Hana1215さん  2011-04-06 21:22 回答1件
既婚者の新卒採用 yukka0930さん  2009-02-05 09:12 回答3件
30歳 未経験 経理 keiri2さん  2015-11-17 22:59 回答1件