編集を楽しもう ! - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

編集を楽しもう !

2009/01/27 20:54

こんにちは。あどべん太須藤です。

映像編集は順調に進んでおりますか?
大学4年間の集大成ということで、撮影素材は相当ボリュームがあると思われ、なかなかの大仕事ですね。

そこで、いくつかのポイントをご案内致します。

1. 台本を作る

 闇雲に編集しても作品はまとまりませんので、まずは台本を作りましょう。本来、台本は企画の段階で作るものですが、遅くはありません、今から作りましょう。どんな映像素材があるのか整理してから、「起承転結」をふまえたストーリーを作り、それに沿った脚本を作るのです。

2. いざ編集

 脚本に従って相応しい絵をつないでいきます。カット編集が基本ですが、余韻を残したい場合は、ディゾルブ(OL:オーバーラップ)をかけたりもします。あまり過激なワイプを使うと作品が安っぽくなるので注意。また、長い時間続くカットの時に、別のカットをインサートすると画面に変化がつきます。

 スタート時や自然に画面に引き込みたい時には、FI(フェードイン)を使い、余韻を残したいカットの終わり等には、FO(フェードアウト)を使います。黒や白を使うのが一般的です。

 スーパーは必要な時にのみ入れます。白文字に黒シャドウや黒エッジを入れるのが一般的ですが、映像の内容によっては、個性的なスーパーもOKです。例えば、オープニングのタイトルやコーナーのタイトル等はOKです。スーパーの出し方は、2〜3秒かけてFIし、5秒程見せて(文字数にもよりますが)、2〜3秒かけてFOします。

3. アフレコしよう

 編集データに、あとからナレーションやBGM・SE(効果音)を重ねていきます。映像により大きな説得力をつけていく作業です。ナレーションは防音ルームで収録するのが理想ですが、それが困難であれば、静かな部屋で収録します。音が割れない程度にビデオカメラ(のマイク)を近づけて収録します。

参考になりましたでしょうか。
サークルのみなさんの喜ぶ顔を想像しながら、編集を楽しんで下さい。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

映像制作のコツやテクニックを教えてください!

法人・ビジネス ビデオ撮影・映像制作 2008/11/27 13:00

現在大学4年生です。先日PremirePROを購入し、映像編集を学び始めて半年が経ちます。あと半年強で卒業なので、大学4年間の集大成としてサークルの映像を仲間と作ることになりました。し… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

映像制作のコツやテクニックのイロハ。 山藤 惠三(クリエイティブディレクター) 2008/12/02 14:40
被写体の正面からが、基本です。 児島 康孝(映像カメラマン) 2015/10/23 16:04

このQ&Aに類似したQ&A

市販の動画編集ソフトでオススメを教えてください よっきーさん  2014-09-19 11:45 回答2件