割引や値下げによる販促戦略の注意点 - 藍原 節文 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
藍原 節文 専門家

藍原 節文
経営コンサルタント

- good

割引や値下げによる販促戦略の注意点

2008/11/28 07:20

弊社で支援している飲食店でも、よくオープン○周年というイベントを
開催しますが、その際には、目的をはっきりとさせたほうが良いと思わ
れます。
■新規顧客開拓のためのキャンペーン
■既存顧客のリピート率UPのためのキャンペーン
いずれを主体にするのかで大きくその方法が変わってきます。


販売促進支援・経営支援とデザイン制作を行っております
ファースト・シンボリーの藍原です。


それぞれ解説を加えていきます。

■新規顧客開拓のため
割引・値下げの額に関しては、お店で自由に設定して良いですが、既存
顧客に対する値引率よりも少なくしておきましょう。

そして、期間は短くて2週間、長くて1ヶ月間が妥当であると考えます。

最後に注意点ですが、このキャンペーン期間中は、最高の接客・サービス
を行うようにしましょう。ここで最高の接客・サービスをすることで
味よし、接客良しの店、という認知がつきますので、値引がなくなっても
来店されるお客様が多くなることと思います。

できればアンケート取得などを実施し、継続的に販促活動していきましょう。



■既存顧客のリピート率UPのため
顧客情報を持っているという前提になりますが、オープン○周年を迎えられた
のは、既存顧客の方に支えられている部分が多いですので、新規の顧客よりも
割引率を高くして、販促DMやメールなどをお送りすると良いと思います。

そこでお店に来店し、新規顧客向けの割引率を見たとき、ちょっと得した
気分になっていただければOKです。
お店に対する既存顧客のロイヤリティが上がってきます。


ということで、オープン記念は何らかのインパクトのあるサービスや割引
が必要となってきますが、
■顧客層を分けて販促すること
■その期間の接客・サービスの質は最大限に良くすること

この二つがポイントとなってきます。

是非、参考にして下さい。



株式会社ファースト・シンボリー

回答専門家

藍原 節文
藍原 節文
( 経営コンサルタント )
株式会社ファースト・シンボリー 代表取締役
03-3555-9551
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

緻密な顧客分析で、デザインも含めた効果的な販売促進戦略を提案

座右の銘は「行動あるのみ」。お客様の販売促進という課題に対し、瞬発力・発想力をもって想定以上の結果をお届けすることを心掛けています。「お客様の幸せが弊社ならびに弊社社員の幸せ」をモットーに、費用対効果に優れた販売促進戦略を提案していきます。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

飲食店の開店1周年キャンペーンについて

法人・ビジネス 飲食店経営 2008/11/27 13:00

開業した飲食店がまもなく1周年を迎えます。そこで、新たな顧客開拓を行っていくこともかねて、キャンペーンを行うことを考えています。メニューの値下げをしようと思っているのですが、あまり… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

なるべく値下げをしない企画をやりたいですね! 石川 雅章(広告プランナー) 2008/12/01 00:13
キャンペーンの目的は1つに絞った方が良いと思います。 工藤 英一(経営コンサルタント) 2012/06/28 18:33

このQ&Aに類似したQ&A

飲食店でリピーターをつくるコツを教えてください 専門家プロファイルさん  2008-10-16 18:14 回答8件
自店HPと飲食店検索サイトの使い分けについて 専門家プロファイルさん  2009-04-16 14:58 回答6件
週初めの店舗売り上げを伸ばす効果的な方法は? 専門家プロファイルさん  2007-12-13 18:10 回答9件
個人開業届けのタイミング フォルチェさん  2013-02-02 04:48 回答2件
不景気を勝ち抜く飲食店の知恵とは? カップスターさん  2009-04-11 11:26 回答7件