継続性の求められるポジショニングかどうか? - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
葉玉 義則

葉玉 義則
キャリアカウンセラー

- good

継続性の求められるポジショニングかどうか?

2008/11/26 05:49

こんにちは、ecochiroさん。My人事の葉玉です。

お悩みの件、充分に理解できます。
ご心情を察し、私なりに、回答させていただきます。

まず、企業が契約社員という待遇を用意する理由について、
検証してみたいと思います。〔私の経験上から、、。〕

▽ 前向きな理由として

ある程度の人数を常に確保しなければいけない事への、
リスクヘッジの意味から、

正社員=責任の伴う継続雇用
契約社員=期限契約として試用が出来る

という図式が経営陣の頭にあり、常に企業の求める人材像を
確保していきたい、という思惑から取り入れているパターン。

この場合、正社員が望まれる職種やポストにおいては、
長いという気もしますが、1〜2年の試用期間と考え、
実績を残せば、そう問題なく「正社員登用」は可能と
思われます。

▽ 後ろ向きな理由として

正社員の人数は、最低必要な人数にとどめ、その時々の
仕事の必要性から、期間社員(契約社員)制度を取り入れて
いるパターン。

この場合、正社員への登用文句は、空手形に終わるケースも
多く、入社検討時は、これまでの登用実績等を確認の上、
見通しを自身の責任で判断し、受諾の可否を決断する必要が
あるでしょう。

一つの判断指標としては、継続性の高いポジショニングや
仕事の内容かどうか、などが挙げられます。

''> 入社までにこれらの悩みを少しでも払拭できる確認手段〜''

入社前の仕事内容等の確認に関する「事前相談」の面接を
担当面接官に申し出られ、そこで、前向きな姿勢をアピール
しつつ、社員登用の実情について、探りを入れられるのが
良いでしょう。

転職における会社選びは、慎重さと併せて、タイミングを
逸しない決断も、重要な成否のポイントになってきます。

お迷いやお悩みは当然だと思いますが、最後は相対する人と
人との関係性で、ご自身の勘を信じ、行動してください。

心より転職のご成功とご活躍をお祈りしております。

(現在のポイント:3pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

契約社員の落とし穴

キャリア・仕事 キャリアプラン 2008/11/25 23:31

お世話になります。
就職活動期間も長くなってきて、決して遊んでいたわけではないですが(紹介予定派遣トライアル終了、短期派遣、内定辞退等)、定職に就けずに10ヶ月程経ってしまいました。なんとか年内には… [続きを読む]

ecotaroさん (神奈川県/31歳/女性)

このQ&Aの回答

悩んでおられている通りです 中井 雅祥(転職コンサルタント) 2008/11/26 11:15
チャンスか、リスクかは自分次第! 藤崎 葉子(キャリアカウンセラー) 2008/11/27 17:22

このQ&Aに類似したQ&A

33歳氷河期世代。人生で逆転を図るには。 ぴんくれもんさん  2010-02-23 17:58 回答2件
仕事探しと現状を打破するには? tr_01さん  2009-07-14 20:10 回答2件
結婚後の働き方。正社員か派遣か?! みんみんんさん  2008-02-26 20:09 回答2件
転職か、現状維持か。 ちみゆささん  2012-08-17 12:12 回答1件
派遣社員ですが正社員として働きたい abbeyさん  2008-11-14 22:58 回答4件