お答えします - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:不動産売買

お答えします

2007/03/25 12:19

「kurumi」様のご質問にお答えします。

住宅を購入する際の資金として、貯蓄を頭金にして残りは住宅ローンを組まれることが一般的です。

しかし、資金的に余裕があればできるだけその資金を住宅取得資金に充当して、住宅ローンの債務を残さないことが望ましいのは当然だと思います。

また「kurumi」様のように、親から援助を受けることができれば、住宅取得資金に充当されるケースも考えられます。

最近では、平成15年に創設された「相続時精算課税制度」を利用して両親から資金の贈与を受け、住宅取得資金に充当するケースが増えているようです。

この制度は、相続財産の先取りという意味合いの贈与で、将来の相続時に贈与を受けた金額を相続財産に加算して計算するという一種の課税の繰り延べ制度となっています。

条件的としては、贈与をする親の年令がその年の1月1日で65才以上、贈与を受ける子の年令が20才以上であれば、2500万円までの贈与については非課税となります。
また住宅取得のための贈与については、更に1000万円増額され3500万円までが非課税とされる特典も付いています。

「kurumi」様については、この制度をご利用になることも一方かと思われます。

但し、将来の相続時に贈与を受けた金額を相続財産に加算した場合、親の財産の大きさにより相続税額が増加する場合も考えられますので、ご両親の財産の大きさにより試算を要する場合も出てきます。

ご参考になさっていただければ・・・。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

生前贈与について

住宅・不動産 不動産売買 2007/03/24 11:51

2000万円の住宅を購入する場合。
親の資金100%で購入する場合、
2000万円の生前贈与税は、750万円位かと思います。
住宅を親の名義で購入後に、その住宅を生前贈与してもらう場合は、税金はどのようになるのでしょうか。
また、どちらが、税金が安く済むのでしょうか。

kurumiさん (東京都/44歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

新築購入時の自己資金について hideki-miraiさん  2013-06-04 22:53 回答2件
親のためのマイホーム購入 まるちゃるさん  2012-06-23 00:13 回答1件
土地と建物を購入する際の登記上持分比率について ぷっちゃんさん  2010-03-24 22:35 回答1件