軸を決めて、”強み”を作り込みましょう! - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:キャリアプラン

藤崎 葉子

藤崎 葉子
キャリアカウンセラー

- good

軸を決めて、”強み”を作り込みましょう!

2008/11/17 23:18

はじめまして、キャリアカウンセラーの藤崎葉子と申します。

海外でお子様を育てながら、早めに帰国後のキャリアに
ついて考え、準備する意欲は素晴しいですね!

■海外でのご経験について
現在は、フランス語を学習中とのことですが、
在住先の国はフランスでしょうか。

なぜ、それを確認したかと申しますと、
在住中の生活や文化についての経験・知識を
生かして仕事をする場合、アジア圏ですと
今後ご就職の際に役立つ可能性が、
さらに広がるからです。

海外へ社員を駐在させる企業が増えており、
私も最近駐在する方の奥様から相談をよく受けますが、
欧米(特にアメリカ)の場合が多く
似た強みをお持ちの方がたくさんおります。

これがアジア圏ですと、まだ在住ご経験者も少なく
ポムさんにとって競合が少なく有利になりますよ。

■有益なスキルアップ
再就職先のご希望をいくつかいただいておりますが、
「仕事」としてはどの部分の役割を希望でしょうか。

キャリアからお見受けすると
「書く力」「コミュニケーション力」「語学力」
が既存の強みのスキルになりそうですね。

今後のお仕事でどの団体に属したとしても
何を強みにしていくか決めて、それを磨く目標を
たてましょう。

例えば、「教育支援」に関わる仕事なら、
現在の居住地の教育制度、実際の家庭の様子など
取材して文章にまとめるのもいいでしょう。

私の知っている海外駐在(イギリス&アメリカ)の
奥様で海外子育て事情についてコラムを書いて出版された
方もいらっしゃいます。

特に福祉に関しては、日本はこれから改善の余地が
大きいので、海外の福祉事情を見聞きして
知識を蓄えるとよいのではないでしょうか。

どの目標に向かうのか、で何が”有益”なのかは
変わってきます。

仕事内容にこだわるより、帰国後とにかく語学を
使いたいとのであれば、
集中的に語学を磨くのもよいかもしれません。

今後の海外での生活を有意義に過ごされ、
ご帰国されるのを楽しみにしております。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

再就職への道

キャリア・仕事 キャリアプラン 2008/11/14 08:39

32歳女性。1歳の子どもがいて現在夫の仕事で海外在住。大卒後、6年間マスコミ勤務(記者職)。夫の帰国に合わせ再就職を希望しています(帰国時点で退職後2、3年経過予定)。
記者として広く浅く多分野の取材に関… [続きを読む]

ポムさん (東京都/32歳/女性)

このQ&Aの回答

取材協力を武器に、人脈を再構築しましょう。 葉玉 義則(キャリアカウンセラー) 2008/11/15 07:34

このQ&Aに類似したQ&A

キャリアプランについて chibimarukoさん  2014-11-18 18:55 回答1件
数年後の帰国に備えて yukikさん  2008-01-15 09:36 回答2件
今後について悩んでいます。 ぺこりんさん  2013-07-22 00:23 回答1件
これからの選択肢について alike5さん  2012-06-01 10:31 回答1件
今すぐにでも、退職したいのですが、一歩が踏み出せません ミーヤキャットさん  2011-04-19 11:15 回答1件