いずれも民法でいう委任契約です。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
田邉 康雄

田邉 康雄
経営コンサルタント

- good

いずれも民法でいう委任契約です。

2009/01/19 22:30

 私はある会社と技術顧問契約を締結しています。そしてある会社と常務委託契約を締結しています。この経験からアドバイスします。

「期待していたものと異なるから返還請求できるか?」とのご質問です。もちろん請求はできます。しかし請求を先方が受諾して返還するかどうかはまったく別の問題です。

「相場はどうか?」と質問されます。相手の価値を認めれば他人から見て高いと思う価格も、御社にとっては安いものでしょう。

 私の場合は、技術顧問契約は年間契約で月30万円プラス消費税をいただいています。業務委託契約の場合は、その都度の受託であり、日10万円乃至日15万円をいただいています。

 契約締結の前に委託者と受託者の間で十分に話し合いをされることが肝要です。世間相場などは関係ありません。お互いに納得のできる価格を設定することです。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

技術顧問基本契約と請負契約の違い

法人・ビジネス 経営コンサルティング 2008/11/14 03:49

新規事業立上(ブティクホテル)のため知人を通し、某会社(IT会社)と技術顧問契約を締結しました。当方の目的は売上管理が集中できるIT系の商品開発の提案、最終的には運営に運用出来る物の完成を求めて居りま… [続きを読む]

jade1188jadeさん (東京都/35歳/男性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

会社経営コンサルタント派遣について ジャックさん  2006-08-22 11:12 回答4件
Web制作会社の今後の経営戦略は? 専門家プロファイルさん  2008-10-16 18:14 回答5件
海外総代理店(Distributor)の役割について KZyukiさん  2015-08-20 13:29 回答1件
親会社から受託する事務処理費について しまったヨッシーさん  2014-03-02 06:19 回答1件