アルバイトではなく、就職を! - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

アルバイトではなく、就職を!

2008/11/14 09:57

かおり22さん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

かおり22さんはこれから先どうしたいのですか?何がしたいのですか?

大学や専門学校などに行くことはなく、ちゃんと仕事をしたいのであればアルバイトではなく、就職ということを考えてみましょう。
そうすれば扶養を抜けて社会保険に加入することになります。

中途半端にアルバイトをするくらいなら、103万円以内でお父様の税金が安くなったほうがいいとお考えなのでなのではないでしょうか?

かおり22さんが103万円以上はたらくと、お父様の扶養している家族ではなくなりますので扶養控除63万円が所得から引けなくなります。年額でその20%または23%(所得によってはそれ以上)の税金が増えることになります。

しかし、親としては子どもがニートやフリーターがいいとは思いませんから、ちゃんと就職して働きたいということであれば反対はされないと思いますよ。

かおり22さんがこれから何をしたいのかをしっかり考えてご両親と話し合ってみましょう。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

扶養控除について

マネー 年金・社会保険 2008/11/14 00:47

初めまして。高校卒業後フリーターになった18歳の者です。
扶養控除?などのことでお聞きしたいのですが…私はアルバイトで1〜4,7月に受け取った給料は月10万〜14万で5,6月は23万ずつくらいでした。よくわかりません… [続きを読む]

かおり22さん (神奈川県/18歳/女性)

このQ&Aの回答

扶養について 岡崎 謙二(ファイナンシャルプランナー) 2008/11/15 08:46
自立していくこと 2008/11/14 12:36

このQ&Aに類似したQ&A

社会保険について みにーまうすさん  2013-08-23 08:08 回答1件
アルバイトの標準報酬月額の定時決定は? ヤッホー(^0^)☆☆さん  2008-07-07 22:41 回答1件