国民年金との違いについて - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

国民年金との違いについて

2007/03/21 11:10

一太郎さん、はじめまして。ご質問ありがとうございます。
社会保険労務士の古井佐代子です。

「第2号被保険者」というのは国民年金の話で、厚生年金とは別物です。
65歳以上で受給権がある場合、厚生年金の被保険者ではあるけれども、国民年金の被保険者ではない、ということになります。

厚生年金の被保険者ですので、当然在職老齢年金の適用対象となります。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

厚生年金について

マネー 年金・社会保険 2007/03/21 07:49

70歳まで加入のようですが、65歳以上で受給権がある場合、第2号被保険者にはならないとも聞きました。その場合、被保険者とはならず、給料との調整もされないのでしょうか。

一太郎さん (神奈川県/65歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

年度途中の退職と扶養控除について まるぴさん  2012-11-11 10:28 回答1件
扶養130万以下について 荒井ラリーさん  2015-09-11 13:01 回答1件
夫の失業と妻の扶養 ゆいりんさん  2014-05-30 00:18 回答1件
妊娠による退職後の保険、年金について教えてください もにもに1104さん  2011-07-23 22:09 回答1件