タイトルでインパクトを! - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:人材育成

越智 昌彦

越智 昌彦
研修講師

- good

タイトルでインパクトを!

2008/11/04 05:42
(
5.0
)

ソフィアさん、ひらくの越智です。

まずは、一次合格おめでとうございます。

後は、2次面接ですね。

相当、勉強しておられる様子が伺えます。

しかし、面接となると対人間になりますね。

自己PRには「志望動機」と「何をしたい」のかがリンクしていると
面接官にも伝わりやすいですね。

しかし、私の面接官の経験上では特にリンクしていなくても問題はないです。

また面接時において、エピソードをイメージできるように話していただけると
共感性は増します。

このときの組み立てですが、
自分のエピソードにタイトルをつけると効果的に伝わります。

エピソード全体に、短いタイトルをつけるのです。

たとえば「友の願い!」という感じです。

まず、タイトルでインパクトを引くこと、

次に、登場人物を少なくすることです。
人は「話を聞くとき」にイメージを描きながら聞きます。
もちろん、面接官も同じです。
あまり登場人物が多いと、相関関係がわからなくなります。

後は、ご存知のとおり「起・承・結」にまとめて話すことです。

話が長くなる一番の原因は「転」の部分にあります。
ここはどうしても「話が膨らむ」傾向があります。

面接など、時間が限られているときは「転」の部分を
思い切って削除することです。

このような話をいくつか準備しておけばいかがでしょう。
いくつか準備できれば、突然の質問にも臨機応変に対応できます。

もちろん、伝えたいことを言うことは大切です。
固い言葉(理念)が続いても良いのですが、
自分の言葉で、自分の思いで伝えることです。

引用は良いのですが、借り物の言葉は面接官にに伝わりません。

私の経験上、最終的に「一緒に仕事をしたいのか!」がポイントになります。

是非、ソフィアさんらしい話をしてください。
そこに思いをこめて!

よき結果をお待ちしております。


感謝

評価・お礼

ソフィアさん さん

詳しくご説明頂きありがとうございます。
よくわかりました。
また、面接だけに留まらず、
これからの人間関係にも活用できるように
心がけます。
ありがとうございます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

面接にむけて

法人・ビジネス 人材育成 2008/11/03 23:01

専門職で働いている者です。
市が専門職員を募集しているので応募しました。
1次の論文は合格し、2次の面接が控えております。
面接にむけて面接本を読み、勉強しております。
自己PRと志望動機、市職員になったらな… [続きを読む]

ソフィアさんさん (茨城県/32歳/女性)

このQ&Aの回答

自己PRは成果を中心に 奥村 朋子(経営コンサルタント) 2008/11/03 23:42
働く意欲をアピールしましょう 山田 千穂子(ビジネススキル講師) 2008/11/04 17:55
面接にむけて  2008/11/04 00:26

このQ&Aに類似したQ&A

自己PRと退職理由 りるさん  2009-02-26 16:39 回答6件
自己PRと退職理由 りるさん  2009-02-26 16:32 回答2件
自己PRと志望動機について たけたけまきこさん  2008-11-03 16:44 回答2件
方向転換した場合の志望動機 マルオさん  2008-03-23 21:50 回答2件
遠方からの面接 ゆらなさん  2016-03-28 14:51 回答1件