法定相続分と遺留分についてお知らせします - 吉野 充巨 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

法定相続分と遺留分についてお知らせします

2008/10/28 11:42
(
5.0
)

ISS 様

初めまして。オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

生前贈与の件は別として、お父様が遺言書で残っている資産を全てISS様に遺すとお書きになられても、ご兄妹のご納得が得られなければ、難しいと思われます。

法定相続人には、法定相続分と遺留分という権利があります。法定相続分は、お母様がいらっしゃる場合には、お母様が遺産の2分の一を、ご兄妹が遺産の2分の一をご兄妹の人数で除した分になります。
そして遺留分は夫々の法定相続分の2分の一になります。ご兄妹の誰かが相続にあたり、この遺留分を阻害されているとして、遺留分減殺請求権を行使して家庭裁判所に請求すれば、相続が相続になりかねません。この点をお父様にお伝え下さい。

詳しくは下記コラムをご一読下さい。

相続発生時の相続人の法定相続分は
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/30046

争族にしないため遺留分は遺しましょう
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/30478

生前贈与を現金でなされた由、この貰った財産は特別受益としてもともとの法定相続分から差し引かれて計算されます。
従いまして、相続人の相続額を公平にするとの考えから、貰った分と遺され分を加えて遺産分割は行われます。

先々のトラブルを残さないために遺言書作成のアドバイスを専門家にご相談されるよう、お父様にお勧め下さい。

評価・お礼

ISS さん

回答ありがとうございました。
やはり一度ちゃんと相談してからのほうがいいですね。

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

生前贈与について

人生・ライフスタイル 遺産相続 2008/10/28 09:57

以前父から生前贈与を受けた際に、私も父もあまり知識がなかったため、現金でそのままもらってしまい、記録が全く残っていません。他の兄弟も皆現金でもらっていて記録が残っていない状態なのですが、そういう場合は… [続きを読む]

ISSさん (神奈川県/32歳/女性)

このQ&Aの回答

特別受益について 2008/10/28 16:39

このQ&Aに類似したQ&A

相続についてご教授を御願い致します。 motaさん  2010-06-02 17:06 回答5件
相続時精算課税制度、生前贈与後の相続放棄 gooid-2013さん  2014-01-11 23:39 回答2件
相続の遺留分等の負担を軽減したい lilyroseさん  2013-09-27 01:21 回答1件