基本は所得の多い方の扶養に。 - 佐々木 保幸 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

基本は所得の多い方の扶養に。

2008/10/20 19:18

税金の計算については、基本は所得の多い方の扶養控除とすればよいでしょう。扶養控除を差し引ききれなければ一方の扶養控除とすればよいですね。
税金と社会保険については、どちらの扶養とするか揃える必要はありません。税金のことは税金のこと、社会保険は社会保険のこととして、できるだけ税金のかからないように、保険料の負担が増えないように組めばよいですね。

回答専門家

佐々木 保幸
佐々木 保幸
( 京都府 / 税理士 )
税理士法人 洛 代表
075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

贈与、遺言・遺産分割・相続税対策なら京都・税理士法人洛まで

円満な遺産分割、生前贈与、事業承継、節税、納税資金の確保など、それぞれの着眼点から家族構成や資産構成ごとに、ベストアドバイスを行います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

11月より私の実家に夫と二人で同居予定です。
実家には父親(65歳、年金収入120万程のみ)と祖母(92歳、年金なし無収入)がおります。
私は41歳、正社員で社会保険です。… [続きを読む]

saranさん (千葉県/41歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

出産を控え、生活が不安です。 あるさん  2008-03-09 16:33 回答1件
確定申告と年末調整について tk6361さん  2015-11-13 13:12 回答1件
税制上と健康保険、社会保険の所得計算の違い bluemamanさん  2009-02-07 12:48 回答1件
扶養の範囲にいろいろあるのでしょうか? yummさん  2008-02-29 14:19 回答1件