回答いたします。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:労働問題・仕事の法律

回答いたします。

2008/10/12 21:22

16坪の土地の名義変更をした場合、破産手続き中に破産管財人から否認権を行使されるとか、破産手続きを行わない場合でも、他の債権者から債権者取消権を行使され、名義移転を取り消される可能性があります。
ただ、文章を見る限り、その土地にはすでに根抵当権がついていると思われます。そうなると、これから名義移転をしても、根抵当権の効力から逃れることはできません。
次に、次男の方については、法律上、取締役の責任規定はありますが、代表が倒産するのが分かっていながら仕入れをするなど、問題のある業務遂行を知っていながら放置したなどの特別の事情が必要であり、ただ、業績が悪く努力したが破産に至ったという場合であれば責任は問われないのが通常です。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

連帯保証人、自己破産、取締役としての責務について

キャリア・仕事 労働問題・仕事の法律 2008/10/12 17:20

兄弟3人(形だけの取締役)と9名従業員の株式会社です。社屋は会社名義です長男(代表)、三男(主人)の土地に根抵当権がつき負債があります。全額返せない場合は連帯保証人として… [続きを読む]

ちるチャンさん (愛知県/48歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

代表取締役社長の解任に関して(都内中小企業) newyork777さん  2011-02-13 00:42 回答1件
社長の責任について ミカミカさん  2009-02-06 14:01 回答1件
雇用時の個人情報について anpan-manさん  2008-12-20 14:45 回答4件
教えて下さい。 migumigu3さん  2012-05-10 19:47 回答1件
パートでの働き方の選択 えるんさん  2011-01-27 07:33 回答2件