異種基礎となります。 - 浜田 肇一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

異種基礎となります。

2008/10/12 00:06

はじめまして、浜田と申します。

この場合、異種基礎となり、不同沈下が起こる可能性が有ります。

一般に、杭基礎と表層改良(浅層混合処理工法)とでは、

支持地盤が違いますので、地震時や圧密時にはその挙動も変わってきます。

 このようなケースは造成地では多々有りますので、

杭基礎を偏芯させた上で、基礎の補強をするか、

擁壁のベースに穴をあけて杭を貫通させる等の措置が

必要になります。

 敷地調査をした際に、擁壁の底盤の大きさをある程度

予測しておく事が重要ではありますが・・・

 住宅保証機構では、地盤保証は、住宅性能保証とは別となりますので、ご確認が必要です。

尚、現行の品格法、来年10月施行の住宅瑕疵担保履行法では地盤は保証外となりますので、

上記のように別となっている場合がほとんどです。

 工務店さん、メーカーさん、設計士さんにご確認頂いた方が良いかと思います。

 御参考になれば幸いです。

回答専門家

浜田 肇一
浜田 肇一
( 福井県 / 工務店 )
濱田建設株式会社 代表取締役専務
0770-22-0283
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

スケルトン&インフィル設計で、長く快適に暮らせる自由な家を

福井県・滋賀県近郊で、スケルトン&インフィル設計での家づくりを手がける設計工務店です。時を経てライフスタイルが変化しても、各空間の用途を自在に変えられるのが大きな強み。自然エネルギーも最大限に活用し、低コストでエコな暮らしをサポートします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

軟弱地盤の表層改良工法

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/10/11 13:51

【背景】
新しく分譲された土地を購入し、スウェーデン式サウンディング試験により、7mほどの鋼管杭が39本の地盤改良工事が必要となりました。

いざ、地盤改良工事がはじまると、深さ60cmのところで、ヨウ… [続きを読む]

SPRING-AUTUMNさん (神奈川県/27歳/女性)

このQ&Aの回答

解決案は複数 森岡 篤(建築家) 2008/10/11 22:15
専門家でも見解が分かれるでしょうね。 福味 健治(建築家) 2008/10/12 08:32
ちょっと話しを整理してみましょう! 野平 史彦(建築家) 2008/10/13 11:35

このQ&Aに類似したQ&A

地盤と擁壁について stsyrupさん  2015-04-19 14:49 回答1件
擁壁&高台の土地調査について malosukeさん  2016-06-30 01:57 回答1件
地盤改良(柱状改良工事)内容について kiichuさん  2008-02-03 05:43 回答2件
地盤改良(柱状改良工事)内容について kiichuさん  2008-02-03 05:39 回答2件
地盤改良杭について ヨシキ1975さん  2015-07-15 11:39 回答1件