住宅ローンの件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの件

2008/10/09 17:51

ポポロンさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『子どもの教育費のこともありローンが払っていけるのか、どのローン形態を選択するのがいいのか...。』につきまして、住宅ローンの選択にあたっては、ポポロンさんのおかんがえのとおり、将来予定しているライフイベントやそれにかかる費用のことも考慮に入れたうえで、決定する必要があります。

具体的に家計が成り立っていくかどうかにつきましては、『キャッシュフロー表』を作成してみることで、ある程度の目安が分かりますが、住宅ローンの選択にあたっての判断基準として、ほぼ毎年のように繰り上げ返済が可能ということでしたら、早期完済を目指すことになりますので、長期固定金利などわざわざ高い金利で住宅ローンを組む必要はありません。

よって、変動金利や短期固定金利で、住宅ローンを組むことになります。

尚、返済途中で金利の見直しがありますので、金利が上昇した場合、毎月の返済額が増額してしまう可能性があります。

この場合とは逆に、繰り上げ返済は3年に一回程度ということでしたら、早期完済という訳には行きませんので、多少金利が高くなっても長期固定金利で住宅ローンを組むことで、途中から金利が上がり、毎月の返済額が増えたりすることはありませんので、長期のマネープランが立てやすくなります。

また、毎月の返済額につきまして、手取り月収金額の28%以内に収まるように、住宅ローンを組むようにしてください。

手取り月収金額に占める住宅ローンの負担割合が30%を超えてしまうと、思うように貯蓄ができなくなってしまい、お子様の教育資金をはじめ、将来予定しているライフイベント資金に支障をきたす場合があります。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローン。

マネー 住宅資金・住宅ローン 2008/10/09 15:02

まだ土地、建物ともに申し込みのみで契約は済ませていません。これから先、子供の教育費のこともありローンが支払っていけるのか、どのローンの形態を選択するのがいいのか。また、新築するには時期が早いのか不安です。… [続きを読む]

ポポロンさん (北海道/34歳/女性)

このQ&Aの回答

住宅ローン 杉浦 順司(ファイナンシャルプランナー) 2008/10/09 15:22

このQ&Aに類似したQ&A

家計診断と住宅購入の相談です。 よっつんさん  2009-07-12 01:19 回答6件
住宅ローンの返済が可能でしょうか kurukurusanさん  2014-09-10 20:37 回答1件