30代以降の女性は、歯周病に注意! - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

河合 悟

河合 悟
歯科医師

2 good

30代以降の女性は、歯周病に注意!

2008/10/10 12:10

 歯みがきが不十分だったり、歯石が付着していれば炎症をおこし歯周病になって歯槽骨が溶かされることもありますが、そうでない場合は加令的に骨が吸収されていっていると考えられます。
 特に女性の場合は、骨密度が低く、30代を過ぎるとホルモンバランスが変化しエストロゲンの分泌が少なくなることで、一層骨密度が低下していくと言われています。骨粗鬆(そしょう)症を発症するのは女性が大半で、30代から発症すると言われているのはこのためです。 歯を支えている歯槽骨も全身の骨と変わりませんから、女性は30代から歯槽骨も弱っていくと考えるのが自然です。ですから、歯槽骨を吸収させないための予防法も骨粗鬆(そしょう)症の予防と同じように考えれば良いわけです。
 第一にカルシウムの摂取、第二にビタミンDの摂取、そして運動。この最後の運動が大切です。運動することで骨に負荷がかかり、はじめて骨密度が高くなるのです。つまり歯槽骨にも負荷をかけないと、歯槽骨が強く健康にはならないわけです。歯槽骨に負荷をかけるためには、よく噛んで食べることしか有りません。よく噛んで食べることこそが、歯槽骨を健康にして骨の吸収を予防する秘訣です。
 そしてその時大切なのが正しい歯並びです。凸凹があったり、歯が傾いていたりすると噛んだ時に一部分に力が集中し、歯槽骨に過剰な力がかかり歯槽骨が吸収されてしまいます。
 正しい歯並びになって、よく噛んで食べること、それが歯と歯槽骨を健康に保ち、一生自分の歯で食べていく秘訣です。

樋口矯正歯科クリニック 福岡 
福岡外科矯正ガイド
樋口矯正歯科クリニックの院長のブログ
樋口矯正歯科クリニックのスタッフのブログ

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

歯の骨がさがる

心と体・医療健康 一般歯科・歯の治療 2008/10/08 09:02

30歳中盤の女性です。
歯科でスケーリングの後、歯全体の写真をとりました。
2年ぶりのスケーリングでしたが、歯石はほとんどないと言われましたが、先生が歯のレントゲンを見たとき、歯の骨が全体的に下がってきて… [続きを読む]

ddfさん (兵庫県/33歳/女性)

このQ&Aの回答

心配なんですよね!? 堀内 晃(歯科医師) 2008/10/08 11:09
歯石がなくても 倉田 友宏(歯科医師) 2008/10/08 14:28
骨が下がることについて 金田 竜典(歯科医師) 2008/10/09 09:41
歯槽骨に負荷 2008/10/10 18:17

このQ&Aに類似したQ&A

上顎洞に接する根尖病巣の治療について じゅうたんさん  2008-11-07 09:27 回答1件
急な噛み合わせの変化について。 藤原たかこさん  2015-12-25 21:12 回答1件
顎関節症と過蓋咬合です Shingo36さん  2015-06-21 16:03 回答1件