目標期間や考え方を確認するよい機会でもあります - 照井 博美 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
照井 博美 専門家

照井 博美
ファイナンシャルプランナー

- good

目標期間や考え方を確認するよい機会でもあります

2008/10/06 11:48

中奈さんはじめまして,FPの照井博美と申します。

個人の方の長期投資には、必ず上昇局面と下降局面があり、
そして人間は感情の生き物ですので、いかにそこをコントロールしながら、
最初に決めた目標を達成するため、継続していけるのかが鍵になります。

こういった局面は、ご自分の資産運用の目標期間や考え方を確認する
よい機会でもありますし、実際に運用をはじめてリスクに関する認識が
変わることもあるかもしれません。
(拝見したところ、現在中奈さんはこのような状態なのでは?)

個人の方が資産運用を始める際には、”将来使うお金が足りる可能性が
100%に近い”プランを創ることが重要であり、「リターンの向上」と同じくらい、
「リスクを軽減する(回避ではない)」ことに配慮する必要があると思います。

今後の対処方針としては、考え方によってはある資産の割合を
「増やす」「減らす」「そのまま変えない」の3パターンしかなく、
実はとてもシンプルといえます。

「下がっている資産の割合を増やす(リバランス)」

長期的にみて割安な資産をその分増やす。 ただし、プラスの効果を生むのは
トレンドが反転した後なので「今後も長期的に運用予定」で
「短期の損失幅拡大は許容できる」のでなければ行わない方が賢明です。


「下がっている資産の割合を減らす」

許容リスクを超えている可能性がある場合、より安定的な資産にシフトする方法です。


「バランスを変えずに静観する」

今のポートフォリオが運用プランとして適している、という前提ですが、
仮に株式などが今よりもっと下げる場合には、リバランスは下げが進んだ後に
おこなう方が高い効果を得られますが、「リバランスを考えているが、
今のマーケットの流れはもう少し続きそう」とお考えで、「すぐに状況が変わると、
リバランスの機会を逃すのでもったいないものの、その場合はあきらめても構わない」
とお考えの場合、それも前向きな選択肢となります。

回答専門家

照井 博美
照井 博美
( 岐阜県 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスシノワ
080-8873-4157
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

年金に頼れない30代・40代へ! 同年代の目線で運用を提案

保険見直しや資産運用・ライフプランを相談できる女性FPです。ご家族が思い通りに人生を送れるように、お客様の価値観・思いをまずしっかり聞き取ることを一番大切にしています。 人生の良き伴走者としてのFPを目指します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

投信、3割減、一体どうしたら・・・

マネー 投資相談 2008/10/06 00:35

こんにちわ。
4年ほど前から投資信託を購入していまして
5000万が一時は6000万程にまでなりましたが
先月末時点で3500万にまで下がってしまいました。
(10月5日現在更に下落… [続きを読む]

中奈さん (埼玉県/38歳/女性)

このQ&Aの回答

リバランスとその考え方です 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2008/10/06 08:23
心理的な不安の解消するには・・・ 岩川 昌樹(ファイナンシャルプランナー) 2008/10/06 08:41
アドバイザーと会話をしましょう。 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2008/10/06 17:02
ポートフォリオの再構築を! 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2008/10/06 08:34
人は損切りができないものです。 前田 紳詞(ファイナンシャルプランナー) 2008/10/06 10:52

このQ&Aに類似したQ&A

住宅売却によるお金の運用 猪八戒さん  2013-01-25 22:13 回答0件
下がってしまった投資信託の買い替え?? kasisu!さん  2008-10-26 13:00 回答3件
新興国在住者、何を選べばよいのか? pasemiさん  2013-02-22 17:41 回答1件
自宅買うか配当で家賃(一部)を稼ぐか ひだまりさん  2009-01-31 07:04 回答4件
このまま投資信託の積立を続けていいのでしょうか? あき99さん  2008-10-28 16:09 回答4件