住宅購入時期について - 藤森 哲也 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
藤森 哲也 専門家

藤森 哲也
不動産コンサルタント

- good

住宅購入時期について

2008/10/04 18:55

きんきん さま

はじめまして、不動産コンサルティング会社、アドキャストの藤森と申します。
住宅の購入はこれから迎える楽しい生活に対する希望のほかに、住宅ローンの返済に対する不安がどうしてもついてきてしまいます。
ご質問いただきました件ですが、詳しい月々の収支を把握できていないので具体的なアドバイスはできませんが、

「1、妻は出産後・・・大丈夫でしょうか?」
については、よく毎月の住宅ローン返済額は収入の何%以内にしましょうというアドバイスをされる方や書籍などを見かけますが、これは、何の根拠もない数字です。また、金利が上昇局面なので変動金利は避けた方がよいという意見も同様です。
例えば、生きがいの趣味にお金をかけていらしたり、逆に貯金が趣味でお金を全く使わなかったりしたら、月々の住宅ローンの返済に掛けれるお金や返済計画も変わってきます。
なので、まずはこれからの日常の生活や、お子さまにかける教育費、セカンドライフなど、その新居で思い描いているライフプランを確認し、必要となるお金を把握するようにしてください。

「2、今後地価は・・・と思っています。」
については、土地の価格がどうなるかはわかりません、ご了承ください。

繰り返しになりますが、その住宅を購入することによって得られる生活(日々の生活、お子さまの成長・教育方針、リタイア後の第2の人生など、、、、)がどのようなものなのかをイメージをして、その生活を得るために、いくらなら支払っていけるのか。また、いくら支払ってまで、その生活を実現したいのかが重要となってきます。


以上、ご参考になりましたでしょうか
アドキャスト 藤森哲也

回答専門家

藤森 哲也
藤森 哲也
( 不動産コンサルタント )
株式会社アドキャスト 代表取締役
03-5773-4111
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

将来必要なお金を把握せずに、家を買うのって怖くないですか?

売ってしまえば終わり・・・になりがちな不動産業界の現状に疑問を抱き、不動産購入には欠かせないお金の勉強をスタート。FP資格を取得。住宅購入に向けての資金計画、購入後の人生設計までトータルにサポートする「一生涯のパートナー」を目指しています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅購入時期について

住宅・不動産 不動産売買 2008/10/04 10:46

私28歳年収500万円、妻28歳年収430万円、貯蓄は900万円あります。妻は現在妊娠しており、来年3月に第一子が生まれる予定です。
新築戸建を検討しており、今年初めに気に入った物件があったのです… [続きを読む]

きんきんさん (兵庫県/28歳/男性)

このQ&Aの回答

住宅購入の時期 寺岡 孝(建築プロデューサー) 2008/10/04 14:47

このQ&Aに類似したQ&A

住宅ローンとその後のライフプランについて れおん05さん  2013-09-15 05:02 回答1件
マンション購入について ケロケロニャンさん  2013-05-28 23:16 回答1件
結婚と同時に住宅購入 youyoumaさん  2012-10-16 13:00 回答2件
建売住宅の売却・賃貸について marrinさん  2011-06-25 23:34 回答1件
予算は合っていますでしょうか? syozarnさん  2006-08-10 11:57 回答1件