回答申し上げます - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
大関 浩伸

大関 浩伸
保険アドバイザー

- good

回答申し上げます

2008/10/03 09:32

風かおるさん、こんにちは。フォートラストの大関です。

1)家計を圧迫するのでしたら貯蓄型に拘らなくていいと思います。
  また、利殖面においても魅力的とまではいきませんので、
  「解約はもったいない」とはならない筈です。
  掛け捨て型で入り直してもいいと思われます。

2)120日型だけではなく、
  60日型・30日型というのも検討されてみてはいかがでしょう。
  医療財政の悪化・診療報酬見直しという流れから、今後は
  20日以上の入院が著しく減るという見方が強いからです。

  終身保険については、一般のものが最も掛金が高いので、
  無解約返戻型・低解約返戻型
  もしくは変額終身保険、円建保険金額保証付終身保険などを
  検証してみるといいでしょう。負担保険料はかなり落とせますよ。
  下記の私のコラムをご参照下さい。

3)老後資金準備は、老後の生活資金という意味でしょうか?
  だとすれば、葬祭支度金より優先順位は上ではありませんか?
  
また、「葬祭支度金」を葬儀関連費用と置き換えるなら、通常の貯蓄
ではなく、終身保険での準備がいいでしょう。
65歳払込満了型なら、保険差益で130%以上は確定しているからです。


コチラのコラムをご参照下さい。
 ↓↓↓

(終身保険≠葬儀費用?)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/28792

(円建保険金額保証付新終身保険)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/25582

(変額終身保険)
http://profile.allabout.co.jp/ask/column_detail.php/28427

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

貯蓄型保険からの見直しについて

マネー 保険設計・保険見直し 2008/10/02 22:07

現在、貯蓄性のある保険に1)家財保険でJAの建更に
入っていましたが、2004年に担当者より3年毎満期先取りのものが、出たのでと話があり、転換して(むてきという商品)月々の掛け金が9259… [続きを読む]

風かおるさん (三重県/44歳/女性)

このQ&Aの回答

保障(損保は補償)と貯蓄は別々でお考え下さい! 釜口 博(ファイナンシャルプランナー) 2008/10/02 23:45
保険のために生活の圧迫は? 吉野 裕一(ファイナンシャルプランナー) 2008/10/02 22:29
死亡整理金より老後資金つくりを! 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2008/10/03 08:16

このQ&Aに類似したQ&A

生命保険、個人年金の見直し のえりーさん  2009-01-04 14:21 回答7件
生命保険で老後資金貯蓄は難しいでしょうか? momo03さん  2012-10-18 11:39 回答2件
死亡保障について marinesさん  2011-01-07 12:46 回答6件
保険の見直し makuoさん  2010-08-08 15:16 回答4件