構造設計を行う - 森岡 篤 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

構造設計を行う

2008/10/02 00:09

タガメさんこんにちは
パルティータ建築工房の森岡です。

吹き抜けやスキップフロアの建物は、整形建物と比べ、必ずしも耐震性に劣るわけではないのですが、構造的に検討し解決しなければいけない問題が多いことは事実です。

吹き抜けを例に考えてみましょう。
一般の構造計算は、剛床といい、各階に床があることを前提としていますが、吹き抜け建物ではこの仮定が合わないので、仮定のずれをクリアする必要があります。

外壁面に強い風が吹いた時、一般建物では、各階床が風に抵抗していますが、吹き抜け建物では床がないため、梁か2層分の柱で抵抗しなければいけません。
(これがクリアされていない建物はたくさん有り)

同様に、スキップフロア、コ型建物でも、通常整形建物では問題とならない問題点がさまざまあります。


現在の建築基準法では、2階建て木造住宅(4号建物という)は、極めて簡単な構造検討で良しとされ、一級建築士の設計なら提出も免除されています。
(まもなく法規改正の見込み)

タガメさんの住宅も、法的には4号建物かもしれず、その場合申請上は大した構造的資料は要求されません。
申請に資料を提出するかどうかにかかわらず、信頼できる木造のわかる構造設計者に構造設計を依頼して下さい。
(構造設計者はRC、S造専門がほとんどで、木造のわかる人は少ない)

構造計算とは、ある仮定を積み上げたプロセスの一部に過ぎません。
構造計算はもちろん必要なのですが、「構造計算すれば良い」ということではなく、構造的問題点を解決を解決することが重要で、耐震性向上につながります。

参考にしていただけたら幸です。

回答専門家

森岡 篤
森岡 篤
( 建築家 )
有限会社パルティータ 代表

庭を取り込む心地良い空間、永く住むためのフレキシブルな家

家づくりは、建て主にとっても、とても手間がかかることですが、苦労した結果、建物が実際に形となり、できあがっていくのは、本当に楽しいものです。遠い将来、この家に住んで良かった、と感じてもらえるような、家づくりのお手伝いをしたいと思います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

中庭・スキップフロア住宅、耐震性能は?

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/09/28 15:48

80センチほど道路から敷地が高くなっています。木造軸組工法で家を建てようと思っています。
道路と同じ高さに並列に2台分の駐車場、その上に中2階LDKにし、(敷地より1.7mの高さで)その奥… [続きを読む]

タガメさん (千葉県/37歳/男性)

このQ&Aの回答

構造設計者にご相談を! 野平 史彦(建築家) 2008/09/29 12:12

このQ&Aに類似したQ&A

吹き抜けの間取りについて coralsea812さん  2010-02-12 11:25 回答3件
木造で大きな開口 ナカナカさん  2014-05-20 22:00 回答2件
南側(庭先)1mの家、日当たりと駐車場 mukitamagoさん  2013-06-03 17:13 回答1件
長方形の土地 久保田浩己さん  2011-10-13 11:12 回答2件
50坪の敷地に見合う建物の大きさについて crowさん  2009-11-11 17:51 回答3件