転勤期間の住宅取得のデメリット - 吉野 充巨 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
吉野 充巨 専門家

吉野 充巨
ファイナンシャルプランナー

- good

転勤期間の住宅取得のデメリット

2008/09/28 08:09

ゴードン4 様

初めまして、オフィス マイ エフ・ピーの吉野充巨です。

FPとしての知見と、私の経験(転勤の間は賃貸)をお伝えします。

1.家屋は常に修理が必要です。ご自宅を購入された場合には、他人に賃貸されてもこの出費が馬鹿になりません。例えば7〜10年に1度は外壁や屋根の塗装とクロス張替え、冊子周りのコーティング等が必要になります。
賃貸収入は利益が少なく、上記費用が出るため、赤字の可能性が大です。

2.長い間他人に課していた場合、結局リフォームが必要になります。

3.過去は不動産価格の右肩上がりが続き、結局資産の増大が図れましたが、バブル崩壊後は土地の価格も不安定で必ずしも資産の増加に繋がりません。

4.不動産を保有すると、最終も同地点に1度は戻らざるを得ないという自由度がなくなります。
購入されたエリア環境が変化するリスクがあります。

上記のようなデメリットが多い物と考えています。

5.一方社宅住まいの場合、家賃負担が相対的に低いため、資産つくりには絶好の機会になります。
毎月積立で分散投資を図れば、長期的には大きな資産が残ります(私は借入金なしで新築)。

そして定年が近づいた時期、又は定年後に借入金ゼロで住宅購入が可能になります。その時点での生活スタイルに相応しいエリアでの購入が実現します。

宜しければ下記も参考としてください
賃貸の良さと住宅ローン
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/17058

住宅取得に関する費用
http://profile.allabout.co.jp/pf/officemyfp/column/detail/32053

回答専門家

吉野 充巨
吉野 充巨
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
オフィスマイエフ・ピー 代表
03-6447-7831
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

今日よりも、明日を豊かに過ごすためのライフプランを提案します

お客様から「私のFP」「我が家のFP」と言われるよう、日々研鑽奮闘中です。お客様とご家族のライフデザイン(生き方や価値観)とライフ・プラン(暮らし方)を実現するためにファイナンシャル・プランニングと資産運用を通じて応援します。

(現在のポイント:5pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

転勤族のマイホーム購入について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2008/09/27 23:46

私は39歳の転勤族のサラリーマンです。
今年の4月から千葉の社宅で妻と娘(2歳)の3人で暮らしています。
勤務する会社は5年に1回程度全国各地に転勤する可能性が高いし、子供はまだ小さいし… [続きを読む]

ゴードン4さん (千葉県/39歳/男性)

このQ&Aの回答

住宅購入の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2008/09/28 10:07
転勤族のマイホーム購入 岡崎 謙二(ファイナンシャルプランナー) 2008/09/28 10:21
不動産投資として割り切りができればOK。 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2008/09/28 17:36
借り手が見つからないリスク 阿部 雅代(ファイナンシャルプランナー) 2008/09/28 08:36
キャッシュフロー分析のすすめ 羽田野 博子(ファイナンシャルプランナー) 2008/09/28 17:44

このQ&Aに類似したQ&A

姉弟間で名義変更と住宅ローン借り換え k.a.t.k.aさん  2016-01-23 17:59 回答1件
支払は可能でしょうか?(夫婦働き) rowerさん  2012-12-17 09:58 回答1件
自己資金0での住宅ローンについて yuri1206さん  2011-08-22 16:37 回答3件
団信に入れない。住宅ローンの審査、信用情報 mmsa130318さん  2014-10-30 00:19 回答1件
住宅ローンの銀行選びについて バロテッリさん  2014-04-13 22:02 回答1件