ケースによって違いますが - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

ケースによって違いますが

2008/09/24 11:52

こんにちは、hatimairuさん。

コンサルタントの若宮光司です。

ご質問の回答は、ケースによって多少違ってきますが一般論として回答いたします。

hatimairuさんが扶養から外れることによって、お父さんの特定扶養控除所得税法上63万円と住民税法上45万円が使えなくなります。
つまりお父さんの課税所得が63万円と住民税では45万円増加することになるのです。
このことによりお父さんの税金負担増は、所得税の税率20%住民税の税率10%とすると、
63万円×20%+45万円×10%)=171,000円の増加となります。

場合によっては、所得税率が23%かもしれませんがその場合は、189,900円の増加となります。

そのほか注意しておくこととして、お父さんの会社から「扶養手当」などが支給されているのであれば、その手当もカットされることになりますので確認しておかなければいけません。

hatimairuさんが理解されているようですが、130万円を超えてしまうとhatimairuさん自身が単独で国民健康保険料を納付しなければならなくなります。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

扶養控除と所得税の増税

マネー 税金 2008/09/23 16:33

似たケースの質問を読んだのですが、結局わからないことがあったので質問させてください。

私は大学生でアルバイトをしています。
年収が103万を超えそうなので、調整するつもりなのですが仕事の都合上難… [続きを読む]

hatimairuさん (東京都/20歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

扶養控除の是正について netarou100さん  2012-11-19 22:48 回答1件
副業の申告 ガチャピンさん  2008-04-23 23:36 回答2件
アルバイトの所得税の還付について minimumさん  2008-03-05 10:42 回答1件
アルバイト所得に対する税金 初音さん  2007-11-06 10:46 回答1件