個別事情によって違います - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

個別事情によって違います

2008/09/22 16:34

こんにちは、いとちゃん。

コンサルタントの若宮光司です。

ご質問の内容について詳細がわかりませんので一般論として回答します。

安定した収入が見込める場合は、まず個人事業としてスタートされることをお勧めします。
もちろん最初から会社を設立してスタートすることも可能ですが、この個人でスタートするか?会社でスタートするか?の判断は安定収入がいくらかで決定します。

間違ってはいけないことは、安定収入は年商ではなく経費を引いた実質利益額なのです。
いとちゃんがされる仕事の業種によって粗利が違いますし、経費も違います。

いとちゃんが求めている有利不利の話は、税金上のことだと思います。
税金は最終の利益に対して課税されるものですからそこまで試算してみる必要があるのです。

もちろん、会社でスタートするメリットは単純な税金比較だけでなく節税策の取りやすさとかお金以外のメリットもありますので、そのへんもご自分が十分理解してスタートする必要があります。

それから、いとちゃんがもう気が付かれているように、今後はいろいろな費用もいとちゃん持ちになるのでしょうから今現在もらっている収入よりも多くなければ割が合いませんね。

個人事業にせよ会社でのスタートにせよ、自分でリスクを取ってやることになりますので、もう少し具体的な数値検証をしましょう。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

税金に関して

マネー 税金 2008/09/22 00:04

 以前、本を読んで知ったのですが、副業で大金を稼いだ時は税金対策として、会社を作って、会社と会社が契約する形にするとよいとありました。
仮に、営業職でインセンティブ込みの収入が数百万の場合、社員になるより… [続きを読む]

いとちゃんさん (東京都/44歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

副業の申告 えり912さん  2008-03-09 19:50 回答1件
税金の申告方法 okabonさん  2007-12-06 13:52 回答1件
子供の扶養について。 カピバラさん  2016-10-17 12:18 回答1件
住民税の特別徴収義務化とプライバシー となりの花子さん  2014-12-11 17:05 回答1件
副業確定申告後 hito3さん  2013-03-06 14:12 回答1件