債券も取引されていますので・・ - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
吉野 裕一

吉野 裕一
ファイナンシャルプランナー

- good

債券も取引されていますので・・

2008/09/19 23:06

はじめまして、後藤と申しますさん。
''FP事務所 マネースミス''の吉野裕一です。


債券は発行元からの新規発売のものは、価額も決まっているのですが、債券も市場で売買されています。この流通されている債券を買っているので、日々の基準価額は変わってきますね。


額面に対しての利率は、約束されていますので一定ですが、債券が流通する事によって価額が変わり、実質利回りが変わってきます。

これが株式と債券の動きが相対になる理由です。

投資家は同じ利率なら、安全に保障されている方に行きますよね。

しかし、利率が下がってきたら多少リスクがあってもリターンを狙っていきます。

景気が悪くなれば、株などに投資していてもリターンが期待できなくなり、リスクの少ない債券に買いが集まります。

すると債券の価額が上がり、実質の利率が下がってしまいます。

ある程度利率が下がると、多少でも利率の良いものへ移っていきますので、債券価額が下がり株価が上がってくるのです。

投資信託では、そういった流通されている債券も含まれていますので、日々の債券の価格によって基準価額は変わります。

ですので投信ではなく、直接債券を購入して償還まで保有すれば、後藤と申しますさんの思われるようになります。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

投資信託 債券

マネー 投資相談 2008/09/19 22:45

投信で債権だけの商品がありますが、何故下がるのでしょうか?例えば米国債券などをそのまま買っておけば、3%以上の利回りがあるので増えるしか考えられないのですが・・・。もちろん為替の変動はあると思いますが、あえて換金しなくて10年でも置いておけば良いのではないでしょうか?すいません教えてください。

後藤と申しますさん (福岡県/33歳/男性)

このQ&Aの回答

不利な債券を持ち続けないでしょう。 岩川 昌樹(ファイナンシャルプランナー) 2008/09/20 00:40
基準価格が変動する理由 恩田 雅之(ファイナンシャルプランナー) 2008/09/25 11:24

このQ&Aに類似したQ&A

外国債券を買うにあたってのポイント じぇんさん  2007-09-12 12:40 回答3件
外国債券購入について こぶしの花さん  2012-03-16 14:14 回答1件
投資信託かETFか/ヘッジファンドについて ユズココさん  2010-06-05 10:44 回答4件
はじめての投資信託について hanayさん  2008-08-11 22:28 回答7件