リスクを緩和させる方法を考えましょう - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

リスクを緩和させる方法を考えましょう

2008/09/18 16:54

かおたん様 バームスコーポレーションの杉山と申します。

どのような投資信託を購入されたか、そして、お子さまの教育資金はすべて投信で積み立てると考えておられるかで回答が変わります。何をしても必ず5%の利益が生まれるわけではありません。

リスクが10%、リターンが5%だと考えれば、1年間の利回りは-5%〜15%であればごく平均的、-15%〜25%の範囲であれば想定の範囲内と考えていただければ結構です。つまり、1年程度で考えるのであれば平気でマイナスが出てしまうということです。

そのリスクを和らげるのは、定期預金などの(利回りの決まった)資産です。投信と定期預金を上手に組み合わせてリスクを調整しましょう。全部投信で運用していると、投信の利回りが-5%のとき、かおたん様の資産の利回りも-5%。でも、投信の割合を全体の20%に抑えておけば、投信の利回りが-5%のとき、かおたん様の資産の利回りは-1%

長い視点で考えて投信を購入し続けることと、リスクを抑えるために定期預金も考えるという方針がよいのかもしれませんね。

詳しくはこちらをご覧ください。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

投信の積立て

マネー 投資相談 2008/09/18 16:31

今年から投資信託の積み立てを開始しましたが、基準価額が下落し続けた今、含み損が膨らんでいる状態です。このまま積み立てを続けて利益が得られるのでしょうか?マネー誌などを読んで、長期投資なら必ず5%前後の利益… [続きを読む]

かおたんさん (千葉県/33歳/男性)

このQ&Aの回答

綿密なプランが、必要です。 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2008/09/18 17:57
長期投資の考え方とリスクとリターンの関係です 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2008/09/18 20:45
短期的な下落に一喜一憂せずに長い目で見て 植森 宏昌(ファイナンシャルプランナー) 2008/09/19 01:23
ドルコスト平均法のメリット 吉野 裕一(ファイナンシャルプランナー) 2008/09/18 18:29
投資信託の評価 恩田 雅之(ファイナンシャルプランナー) 2008/09/19 10:44

このQ&Aに類似したQ&A

投資について aiko55さん  2013-10-15 04:06 回答1件
変額個人年金保険について つんつんちゃんさん  2010-07-05 16:25 回答4件
投資信託かETFか/ヘッジファンドについて ユズココさん  2010-06-05 10:44 回答4件
投資信託の利益の確定の仕方 mしゅなさん  2009-06-13 03:41 回答7件