リフォーム資金 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
中村 亨

中村 亨
公認会計士

- good

リフォーム資金

2008/09/08 14:13

親族間で金銭の貸与があった場合には、それが形式上貸し借りであっても事実上貸し借りでないと認められるものについては贈与があったものとして取り扱われます。
事実上貸し借りではないと認められるものとしては、形式上は貸し借りでもその返済があるとき払いや出世払いなど返済の可能性が薄いものなどが該当します。
住宅を購入した場合には税務署からその購入資金などについてのお尋ねがくる場合があり、その際にその親族からの借入について問題になる可能性がありますので、実際に一定期間で返済することや契約書を整備しておいたほうがいいと思われます。

(現在のポイント:2pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

リフォーム資金

マネー 税金 2008/09/05 11:18

今度、中古住宅を購入する予定です。
その、資金を私の祖母の妹さんに600万円
借りることにしたのですが、支払いは余裕ができてからでいいよと言われています。
こういった場合、税務署の方から贈与税とか支払う… [続きを読む]

はなことはなこさん (岐阜県/36歳/女性)

このQ&Aに類似したQ&A

住宅購入資金の贈与税 popo21さん  2009-03-16 12:43 回答1件
住宅名義と税金について ななしのさん  2008-11-07 16:26 回答1件
住宅取得時の親からの援助 出目金さん  2007-11-11 22:33 回答1件
贈与税について 小岩井さん  2007-08-21 11:10 回答1件
住宅取得等資金の非課税制度と共有名義 cha-moさん  2013-06-10 00:02 回答1件