犬との関係 - 小川 亜紀子 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:ペットのしつけ・訓練

小川 亜紀子 専門家

小川 亜紀子
しつけインストラクター

3 good

犬との関係

2008/09/03 01:23

確かに、数年前まではパック理論に基づいた「“上下関係”が重要である」という考え方が主流でしたが、ここ最近「“信頼関係”が大切である」という考え方に変わってきています。

この問題については、ここだけではっきりと明確に答えを出すことは難しいです。
なので、「上下関係か信頼関係か、どちらを前提にしつけしたら良いか」と迷うより、もっとシンプルに「愛犬をわがままにしないようにしつけよう」と考えてみてください。

では、どうしたら“わがまま”にならないように育てられるのかと言うと、「我慢する」ことを覚えさせれば良いのです。
この考え方でいくと、「扉の出入りで人が先に出る」というのはとても良いことです。
つまり、「犬を勝手に先に出さない」ということですから、人が上だと教えるということではなく、我慢を教えることにつながります。

このように、必ずしもかつて言われていたルール(高いところに乗せない、ベッドで一緒に寝ない、食事は人が先に食べるなど)がすべて間違っていたということではありません。

とは言えマズルコントロールなど、やめた方が良いこともあります。
つまり、身体的に威圧するような方法はとらない方が良いということ。
※ジェントルリーダーはマズルコントロールの効果より、単純に引っ張り防止の効果の方が高いので私は使っています。

まとめると、身体的に威圧するような方法は使わずに「我慢」を教えれば良いということです。
もしもっと具体的に知りたいようでしたら、宮城県ということなのでJAHA認定のしつけインストラクターさんを探して、しつけ教室などに通われると良いと思います。
http://www.jaha.or.jp/contents/modules/newdb2/top.php?id=1

しつけ方法はそれぞれの飼い主さん&ワンちゃんによって違います。
情報が多くていろいろと迷ってしまうと思いますが、試行錯誤しながらでもああこさんスタイルのしつけ法を見つけてください☆

回答専門家

小川 亜紀子
小川 亜紀子
( しつけインストラクター )
Dog Signal

問題行動の解決は飼主の意識改革から。しつけのコツを伝授します

愛犬の問題行動は飼主さんの接し方にあると言われていますが、実際にどのような接し方が正しいのかは分かりにくいと思います。飼主さんが愛犬と日々楽しい生活を送れるように、適切なしつけ方・接し方をアドバイスしています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

信頼関係?上下関係?

人生・ライフスタイル ペットのしつけ・訓練 2008/08/30 15:56

αシンドロームが古い考えというのは聞いたことがありますが、それは犬が飼い主より優位に立とうとする事がない、ということでしょうか?以前は頼れる飼い主になるために肩より上で抱っこしてはいけないとか、遊… [続きを読む]

ああこさん (宮城県/37歳/女性)

このQ&Aの回答

上下関係、信頼関係 渡部 真也(しつけインストラクター) 2008/08/31 21:34
信頼関係?上下関係? 中西 典子(しつけインストラクター) 2008/09/03 08:36

このQ&Aに類似したQ&A

ペットのしつけ ジュン4さん  2012-09-06 12:16 回答1件
噛むことをやめさせるには? rikukaikuuさん  2009-01-21 12:00 回答1件
自分より大きい犬が苦手 パンジーさん  2007-10-15 00:49 回答3件
本噛みで何度もケガを… マーブルさん  2007-08-27 19:39 回答4件
テリトリー意識 na-tanさん  2013-03-18 16:52 回答1件