できればまず在職のままで活動した方が良い - 小笠原 隆夫 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
小笠原 隆夫 専門家

小笠原 隆夫
経営コンサルタント

- good

できればまず在職のままで活動した方が良い

2008/08/29 20:52
(
5.0
)

 「実家の近くから通える会社を」ということで転職を考えられているようですが、文面からは今でなければならない緊急性はあまりないようにお見受けします。転勤が頻繁、離職率が高い、将来性が見えないなどとありますので、どちらかというと今の会社への不満から始まった話ではないでしょうか。

 そうだとすれば、転職によって自分のキャリアをどう転換したいのかということが大事ですが、職種に希望はなく、とりあえず同業種でとのことなので、あまり意識が固まっているとは思えません。転職することで確実に良くなる事柄が、せめて5つぐらいははっきり認識できないと、「こんなはずではなかった」という転職の失敗状態に陥る危険性があります。ご自身のキャリア認識が固まりきっていない今の状態で、先に辞めてしまってから転職活動を行うのは、大変リスクが高いと思います。
 今の仕事内容や社内環境はわかりませんが、大手企業で今の年令での報酬という上辺ではかなり恵まれていますし、転職で総合的な満足度を高めるには、例えば「お金だけじゃない」というような、ご自身の価値観や職業観にもかかわります。

 ですので、できればまずは在職のままで転職活動を行った方が良いと思います。応募先が遠方でも、事情を話せば休日などに対応してくれるはずです。また人材紹介会社などを利用すれば転職のアドバイスを受けることも出来ますし、応募して面接などを受けていく中でご自身が求める物もはっきりしてくると思います。その中で今は転職の時期でないという判断になる可能性もあるのではないかと思います。まずは慎重にスタートすることをお勧めします。

 なお、引越しなどの件については、ここに書いてある通りの事情を面接の際に伝えておいた方が良いと思います。実際に転居先を考えるのは、転職が決まってからでも遅くないと思います。

評価・お礼

ことこ さん

丁寧な回答ありがとうございました。
もう一度話し合ってみます。
ありがとうございました。

回答専門家

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
( 東京都 / 経営コンサルタント )
ユニティ・サポート 代表
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

夫の転職について

法人・ビジネス 人事労務・組織 2008/08/29 19:12

夫の転職についてご相談させて下さい。今の状況ですが・・・

・大手不動産会社で営業として勤続6年(資格・役職特になし)
・年齢20代後半、地元を離れ夫婦二人暮らし(妻:専業主婦)
・年収800万〜10… [続きを読む]

ことこさん (愛知県/29歳/女性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

退職金規程改定にまつわる事 ピ―子さん  2015-06-08 14:48 回答2件
転職活動の為の休職 piisukeさん  2008-02-12 05:41 回答1件
解雇後の保障について。 ruppiさん  2010-01-22 22:50 回答1件
グループ会社の就業規則の効力について すばるんさん  2009-08-21 22:29 回答1件