受遺者です - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
羽柴 駿

羽柴 駿
弁護士

- good

受遺者です

2008/08/29 17:08

ご質問の場合、受遺者は目的の価額を遺留分権利者に弁償して返還の義務を免れることが出来ます(民法1041条)。

つまり、土地を分けるか現金にするかは全部相続する方の子に選択権があります。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

遺留分支払形態

人生・ライフスタイル 遺産相続 2008/08/26 13:15

親が二人いる子供の内一方に所有している土地を全部相続すると遺言を残した場合、もう一方の子供に対する遺留分の支払い形態(土地の1/4を分けるか、相当する現金にするか)の決定権はどちらにあるのでしょうか?

hirochanさん (千葉県/63歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

居住している不動産の代償金の決め方は? spec-holderさん  2013-12-02 14:33 回答1件
相続の遺留分等の負担を軽減したい lilyroseさん  2013-09-27 01:21 回答1件
相続について torikococoさん  2013-01-16 23:43 回答1件
一人暮らしの伯母の不動産 ブレインさん  2012-06-01 13:09 回答1件
遺産相続協議で0は受け入れられません 19921224simaiさん  2012-01-16 14:04 回答2件