取り戻される可能性が高いと思われます。 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

取り戻される可能性が高いと思われます。

2007/03/05 16:28

 弁護士の坂本です。
 離婚に伴う財産分与をする場合,それが財産分与として相当な金額の範囲内であれば,後で否認されることはありませんが,財産分与として相当な金額の範囲を超える部分については,破産手続において破産管財人から否認され,元に戻すよう命じられるおそれがあります。
 夫から妻への財産分与として相当額と認められるのは,通常夫婦共同で築き上げた財産の半分程度ですが,父親が,サラ金からの借金500万円程度で自己破産を言い出すようであれば,おそらく父親の財産はほとんどその自宅のみであり,それをすべて母名義に変更するとなると,財産分与として相当な範囲を明らかに超えてしまうと思われます。
 なお,父親の借金が主にサラ金からで,債務額が500万円程度であれば,実際には利息制限法による引き直し計算で債務額が大幅に減り,自己破産をしなくて済む可能性もありますので,まずは父親の借金整理の問題に見通しをつけてから,自宅の名義変更の問題を考えられた方がよいと思われます。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

離婚後の自己破産について

恋愛・男女関係 離婚問題 2007/03/03 17:15

母が年金分割の始まる4月1日以降に父との離婚を考えています。財産分与と40年超にわたる精神的苦痛に対する慰謝料(借金と言葉の暴力)の代わりとして現在住んでいる自宅の名義変更を父に求めようとしていま… [続きを読む]

thinkさん (大阪府/42歳/男性)

このQ&Aの回答

再質問お願します 2007/03/05 19:12

このQ&Aに類似したQ&A

離婚したくないが、慰謝料を多く請求する方法 rikonsinitaiさん  2016-03-29 08:38 回答1件
財産分与と慰謝料請求 まゆいゆさん  2013-11-14 17:15 回答3件
財産分与 たまきち1218さん  2013-01-09 00:20 回答2件
別居公正証書 hikokoyaさん  2011-09-02 14:30 回答1件