日常の生活費は非課税になります。 - 大黒たかのり - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

日常の生活費は非課税になります。

2008/08/22 10:49
(
4.0
)

ポニョポニョさん
こんにちは、税理士の大黒崇徳です。

原則、贈与を受けたすべての財産に対して贈与税は課されますが、その目的などから鑑み、贈与税が非課税となる場合があります。

例えば、夫婦や親子、兄弟姉妹などの扶養義務者の間で生活費に充てるため取得した財産は、非課税とされています。

理由のひとつとして、生活費は、日常生活に必要な費用であり、その負担者との関係からみて、課税対象とすることは国民感情の面から適当でないことが上げられています。

ちなみに、生活費とは、その人にとって通常の日常生活に必要な費用をいい、特別高額であったり、または月々の生活費としては妥当であってもそれを一年分一括して仕送りするなどした場合は贈与税の対象となります。

生活費の名目で贈与を受けた場合であっても、株式や不動産などの買入資金に充てている場合にも贈与税が課税されることになります。


もし、ご不明な点がありましたら遠慮なくご連絡下さい。

評価・お礼

ポニョポニョ さん

一般的な”生活費”であれば問題なしと理解しました。
ありがとうございました。

回答専門家

大黒たかのり
大黒たかのり
( 東京都 / 税理士 )
大手町会計事務所 代表税理士
03-3518-9945
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

資産運用と節税のことならお任せ下さい。運用会社出身の税理士。

今の運用に満足ですか。今の税金の支払に満足ですか。今の相続対策に満足ですか。不安な時代だからこそ、確かな情報と信頼できる相談相手が必要です。運用も節税もすべてオンリーワンのオーダーメイド。土日早朝深夜も対応する身近なパートナー。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

兄(夫婦)が病気で仕事が出来なくなり、親が毎月生活費として25万円を渡しています。
このケースは贈与として扱われるのでしょうか?

ポニョポニョさん (東京都/43歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

夫婦間の贈与税について 田中ですさん  2015-01-11 15:59 回答1件
遺言書で孫にも財産を相続させる場合の税金は? 花江さん  2012-05-19 13:38 回答1件
実家の取り壊しにかかる費用負担について くらげさんさん  2011-10-01 00:10 回答1件
扶養家族間の贈与税 okashiさん  2008-02-02 10:50 回答1件
親からの住宅購入資金の援助と税金 たひちさん  2007-12-05 18:57 回答1件