このままでは「解雇」と同じ扱いになる - 小笠原 隆夫 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:労働問題・仕事の法律

小笠原 隆夫 専門家

小笠原 隆夫
経営コンサルタント

- good

このままでは「解雇」と同じ扱いになる

2008/08/20 10:13

 まずご自身から退職の意思表示をしたということは、「自己都合退職」ということだと思いますが、ご本人が退職届を書いていないで処理するということは、「会社都合退職」にするということなのでしょうか。
 また退職日を22日で“提出”したということですが、社会保険関係の資格喪失手続きは退職日前には行えないので、どこへ何を“提出”したのでしょうか。少なくとももう戻れないような手続きはないはずです。

 いずれにしても今の状況では、初めはご自身から退職の意思表示をしたにしろ、会社側が本人の意思に関係なく退職日を決めて処理を進めていることになりますから、形式的には「解雇」と同じことになります。
 労働基準法には、使用者が労働者を解雇する場合、原則として少なくとも30日前に解雇の予告をするか、30日分以上の平均賃金(これを解雇予告手当といいます)を支払わなければならないとされていますので、今回の場合、解雇予告手当の支払いを求めることができると思います。予告期間に相当する日数分、退職日を先延ばししてそこを有休消化にあてるという処理もあり得ると思います。

 まず上記の内容で会社と話し合い、不調であれば労基署などに相談した方が良いと思います。

回答専門家

小笠原 隆夫
小笠原 隆夫
( 東京都 / 経営コンサルタント )
ユニティ・サポート 代表
03-4590-2921
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

組織に合ったモチベーション対策と現場力は、業績向上の鍵です。

組織が持っているムードは、社風、一体感など感覚的に表現されますが、その全ては人の気持ちに関わる事で、業績を左右する経営課題といえます。この視点から貴社の制度、採用、育成など人事の課題解決を専門的に支援し、強い組織作りと業績向上に貢献します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

有給休暇について

キャリア・仕事 労働問題・仕事の法律 2008/08/20 05:00

私は2年勤めた会社に6月に退職意志を伝えました。
その際、8月22日まで会社に来れるが有給休暇を消化してから退社したい旨を伝えました。

社長から有給休暇の了解も得ており、引継ぎなどがあるから22日で終… [続きを読む]

yuki★さん (東京都/25歳/女性)

このQ&Aの回答

このQ&Aに類似したQ&A

職場の先輩の言葉で・・・ 田中みちるさん  2013-03-28 22:41 回答1件
派遣の途中解除について you_soulさん  2013-01-30 01:18 回答1件
退職に対して損害賠償を請求されそうです kyoumoameさん  2012-10-31 18:52 回答1件
縁故採用の会社のトラブル hizzaleさん  2011-07-05 12:36 回答2件