お口の中での10年経過 - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:一般歯科・歯の治療

山内 浩司

山内 浩司
歯科医師

- good

お口の中での10年経過

2007/03/02 12:37

 お口は物を噛んだり、息をしたり、おしゃべりしたり、、、いつも大活躍なんです。人工的な詰め物にとってもたいへん過酷な条件なんです。その中で10年が経過し、少し違和感が出てきたのですね。
 下手な絵にしてみたのですが、sueさまの犬歯は以前虫歯で裏側が歯茎の下まで欠けてしまったのかもしれません。歯茎の下で接着された人工物が劣化して変質してしまったり、接着部自体が剥がれかけたりしているとコンタミネーション(汚染)が起こります。ただでさえ歯茎の中まで歯ブラシすることは難しいですもんね。ここに歯周病菌などが出現している可能性が考えられます。

 治療の可能性としましては、歯茎の内側(歯周ポケット内)を診査していただき、このままで保存が出来るのか判断していただき、さもなくば、人工物を撤去した上で保存の可能性を判断していただくとよろしいと考えます。
 状況からしまして抜歯はおそらくないと思いますが、再び被せ物を作成する時には、歯の質のかけている部分全周(デンティンフェルール)を最低1ミリ歯茎より上に出さなければいけません。今後の予防管理や、力学的に必須の条件だからです。その場合には、クラウンレングスニングという歯周外科処置や、エクストルージョンという小矯正治療、あるいは歯牙再植治療が伴います。

 犬歯は見た目だけでなく、噛み合わせの鍵になる大切な歯です。是非、良いかたちで保存し、予防管理して行って頂きたいです。

エクストルージョン、クラウンレングスニング、歯牙再植などの症例も載せています。『歯医者ブログ』
<<http://blog.livedoor.jp/kotoichi1963/

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

歯茎からの出血

心と体・医療健康 一般歯科・歯の治療 2007/03/01 16:13

10年程前に、知らない間に虫歯になっていた犬歯が、食事中裏側が欠けてしまい、知り合いの歯科医に外側(無傷で残ったため)を自分の歯のまま残し、裏側は成形してもらいましたが、昨年あたりから、歯を磨いたりした時… [続きを読む]

sueさん (千葉県/48歳/女性)

このQ&Aの回答

歯周病かもしれませんので歯のメインテナンスを! 晝間 康明(歯科医師) 2007/03/02 18:45
sueさんへ 2007/03/02 11:51

このQ&Aに類似したQ&A

前歯のぐらつき。 ちさとんさん  2015-09-22 22:56 回答1件
奥歯の歯根治療後の痛み pinapina7さん  2012-04-01 11:49 回答1件
神経除去後の歯 かもめさん  2007-08-01 11:41 回答1件
左下奥歯の根管治療について シロックマさん  2016-07-28 08:14 回答1件
固いものを噛むときだけ歯が痛い みくじさん  2015-03-24 13:47 回答1件