住宅ローンの件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの件

2008/08/19 17:46
(
4.0
)

サンナさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『残り10年どのような返済方法が向いているのかアドバイス...。』につきまして、現在の預貯金残高が100万円ちょっとになってしまっているということですから、まず、生活予備資金や自営業ということもあり事業予備資金として、ある程度の資金は絶えず確保しておくようにしてください。

自営業の内容が分かりませんので、生活予備資金という面からは、5〜6ヶ月分の基本生活費+今後3年程度までに予定しているライフイベント資金は確保しておくようにした方が、いざというときのことを考慮した場合、また、生活をしていくうえでも、安心できると考えます。

また、住宅ローン控除などの特例を利用している場合、適用要件を確認しておくようにしてください。

尚、更新後の固定期間や適用金利につきましては、今後の繰り上げ返済の予定なども考慮しながら決定するようにしてください。

完済まで残存期間が10年程度、また、借入残高も1,200万円となっていますので、あまり無理のない返済プランでもよろしいと考えます。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

サンナ さん

ご回答ありがとうございました。はじめは住宅ローン控除も考えて使ってましたが自営業になってからはサラリーマンの時ほど重要ではなくなったので来年もう一年使って控除適用期間は外れる予定です^^。生活予備資金5〜6か月分貯めておくというのは頭にありませんでした^^;とにかく、これから少しでも貯金を増やせるようがんばります。ありがとうございました。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローン残10年の返済方法について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2008/08/19 11:58

いつも拝見しております。三年前に中古マンションを3300万で購入。頭金1200万現金でいれ残りを三年固定金利で25年で借りました。今年の6月繰り上げ返済して残1200万・返済期間1… [続きを読む]

サンナさん (兵庫県/33歳/女性)

このQ&Aの回答

住宅ローン選びについて 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2008/08/19 12:15

このQ&Aに類似したQ&A

手取り月収30万での住宅ローンについて veranoさん  2009-03-08 15:10 回答3件
住宅ローンの変動か10年固定かで迷っています。 はなみずきさん  2011-04-19 00:25 回答4件
住宅ローンを組めるでしょうか? なかむらさん  2009-06-11 20:20 回答2件
住宅ローンの期間満了の更新について マークyukiさん  2009-02-17 11:30 回答2件
住宅ローンの組み方 yoshiroshiさん  2009-01-29 00:16 回答2件