全体の資産状況なども検討してみることが大切です。 - 佐々木 保幸 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

全体の資産状況なども検討してみることが大切です。

2008/08/19 17:14

相続時精算課税を選択する場合は、一度適用を受けると相続時まで継続して適用しなければなりません。全体の資産状況や相続人のことなどを検討してみることも大切です。

回答専門家

佐々木 保幸
佐々木 保幸
( 京都府 / 税理士 )
税理士法人 洛 代表
075-751-6767
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

贈与、遺言・遺産分割・相続税対策なら京都・税理士法人洛まで

円満な遺産分割、生前贈与、事業承継、節税、納税資金の確保など、それぞれの着眼点から家族構成や資産構成ごとに、ベストアドバイスを行います。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

相続時精算課税制度について

マネー 税金 2008/08/18 23:18

私は現在48歳の会社員です。今年の春に78歳の母が回復不能の病気になり、株券を兄弟で分けました。来年には株券電子化ということで先走って名義を私に変更し証券会社に口座も作りました。株券の総額は… [続きを読む]

マッサさん (兵庫県/48歳/男性)

このQ&Aの回答

相続時精算課税制度について 中村 亨(公認会計士) 2008/08/19 15:44

このQ&Aに類似したQ&A

住宅購入時に義父から資金援助を受ける jinpiroさん  2006-12-04 13:43 回答1件
義理の息子に振り込んだお金は、相続資産と計上できるか。 ダイダイくーくさん  2016-03-03 10:51 回答1件
夫婦間の資金移動による相続税について kani55さん  2014-11-19 19:38 回答1件
贈与税の非課税制度(住宅)の手続き つんつんちゃんさん  2010-12-08 08:21 回答1件