従業員の「自身利用意向度」の把握からはじめては - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:経営コンサルティング

従業員の「自身利用意向度」の把握からはじめては

2008/08/19 18:34

ブランド価値を端的に測定する方法として「自身利用意向度」というものがあります。

 個人向け(B2C)製品・サービスであろうが、法人向け(B2B)製品・サービスであろうが、従業員自身が、自分が顧客の立場なら、自社製品・サービスを購入・利用したいと強く思うか否かを測定する調査です。
またその理由を明記させる調査です。
前提は、社員は自社の商品・サービスのことを良く知っているということです。

本質問のような法人向けサービスにおいて効果的です。
この調査には3つの利点があります。

(1)従業員が行うので低コストで行うことができる。
(2)従業員が行うので一定期間毎に実施することができる。
(3)従業員が顧客の立場をより良く理解することができる。

調査精度を向上させる方法として、実際に顧客に調査を行い、従業員の回答とどの程度のギャップがあるのかを明らかにして、その相違を従業員に認識させます。

それによりその後行う「自身利用意向度」の精度が上がるのです。

また、仮に「自身利用意向度」の回答が極めて信頼性に疑問がもたれる場合は、従業員の自社製品・サービスに対する理解が乏しい事が判り、そのための社員教育が必要な事が判明します。

この調査をお奨めします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

法人向けサービスの満足度を測定する方法

法人・ビジネス 経営コンサルティング 2008/08/14 11:50

弊社は、東京と大阪を拠点に従業員40名ほどで、法人向けのサービスを提供している営業会社です。ニッチな市場を突いたサービスを提供することで、創業以来10年ほどをかけて、ゆっくりですが着… [続きを読む]

All About ProFileさん

このQ&Aの回答

やはり直接ヒアリングするのが一番だと思います 藍原 節文(経営コンサルタント) 2008/08/19 08:29
「良くしたい」という気持ちが本音を引き出します 長坂 有浩(経営コンサルタント) 2008/08/19 02:03

このQ&Aに類似したQ&A

専門家のアドバイスを、社長に受けさせる方法 専門家プロファイルさん  2009-04-30 19:08 回答6件
Web制作会社の今後の経営戦略は? 専門家プロファイルさん  2008-10-16 18:14 回答5件
BCPは、工場を持たないサービス業にも必要か? 専門家プロファイルさん  2008-06-12 15:13 回答1件
大阪と東京の市場の差について しげるさん  2008-05-17 18:17 回答2件
会社経営コンサルタント派遣について ジャックさん  2006-08-22 11:12 回答4件