信頼できるFPのアドバイザーを! - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

羽田野 博子

羽田野 博子
ファイナンシャルプランナー

- good

信頼できるFPのアドバイザーを!

2008/08/03 06:53

ケンママさん、はじめまして。
FPの羽田野博子です。

まず県民共済は老後の医療保障が十分ではありませんので、終身の医療保険の加入を考えましょう。できれば65歳までに払い終えて保障は終身なるタイプがいいでしょう。
死亡保障は特に必要ないと思います。
万が一の場合もお子さんは貯蓄で大学費用や生活費は賄えます。

また、お子さんが大学をでて独立されるまでは病気やけがで働けなくなった場合に備えて所得補償保険も考えるといいでしょう。所得補償保険は入院していなくても自宅療養にも対応できる保険です。

老後資金については今の貯蓄のうち2000万円をいかに有効に働かせるかということです。
65歳までは働けるとして、年金では不足する金額が100万円とすると
90歳までの25年間に必要な資金は2500万円。

一方、2000万円を15年間4%で運用できれば3600万円、5%なら4000万円を超えます。生活のための取り崩し2500万円を除いても1000〜1500万円ありますのでこれをリフォームやいざという時の資金と考えるといいのではないでしょうか?

4〜5%で運用するためにはファンドによる分散投資が必要となってきます。
金融機関で相談するのではなく、独立系FPで証券仲介も可能な人に具体的にアドバイスしてもらうことを考えてみましょう。

これから少しずつ勉強して・・・
という時間の余裕はないように思います。リスクのある商品で4〜5%を達成するには10年以上の時間がどうしても必要となりますので。

信頼できるアドバイザーを探すことをお勧めします。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

50歳におけるすべての見直しお願いします。

マネー 家計・ライフプラン 2008/08/03 00:19

50歳になるシングルマザーです。お金の事を相談できる人が
なかなかいませんので先生方よろしくお願いします。ここにきてライフプランを考える前に、社会保険事務所で年金額の算出してもら… [続きを読む]

ケンママさん (大阪府/50歳/女性)

このQ&Aの回答

老後の不安にどう立ち向かうか。 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2008/08/03 07:39
将来の資金設計の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2008/08/03 11:41
将来の取り崩し額と目標貯蓄額の資産配分について 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2008/08/03 12:04
ライフプラン 岡崎 謙二(ファイナンシャルプランナー) 2008/08/03 13:22
3つの資産形成。 岩川 昌樹(ファイナンシャルプランナー) 2008/08/04 08:23
運用を考えないと、貯蓄が枯渇してしまいます。 森本 直人(ファイナンシャルプランナー) 2008/08/04 11:47
自分年金を作る。 阿部 雅代(ファイナンシャルプランナー) 2008/08/04 06:58

このQ&Aに類似したQ&A

年齢差21歳−再婚(自分は初婚)のライフプラン みくさん  2006-10-15 11:03 回答4件
シングル女性 家計診断と資産管理について grancedore82さん  2014-11-07 08:20 回答2件
家計見直し方法 peartreeさん  2013-05-01 16:41 回答2件
家計診断をお願いします ひよこ5さん  2013-04-12 14:26 回答2件
高齢で三人目を出産予定、家計、教育費について quatrenovさん  2011-05-18 00:06 回答2件