住宅ローンの件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの件

2008/07/31 10:32
(
4.0
)

シェフチェンコさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『この資産で何とかなるなという重いがある反面、若干の不安もあります。この見通しは甘いでしょうか?』につきまして、手取り月収金額45万円に占める住宅ローンなどの費用16万円の負担割合は
35%以上になってしまいますので、決して無理なく返済していける水準とは言えません。

尚、返済額を18万円とした場合、40%にもなってしまい、月収のうち相当部分を住宅ローンの返済などに充当することになります。

この水準で例えば、月収金額の15%相当金額7万円を貯蓄した場合、生活費としては月額20万円しか残りませんので、生活水準にもよりますが、けっしてゆとりのある家計管理は難しいと思われます。

尚、ボーナス収入につきましては、将来廃止されても困らないように、原則として旅行などのライフイベント資金や毎月の生活費の不足分の充当に充てるようにしていただき、貯蓄などは毎月の収入の中でやりくりするようにしてください。

毎月無理なく返済していくためには、手取り月収金額の28%がひとつの目安となりますので、シェフチェンコさんの場合、毎月の返済額などの住居費用としては13万円ほどとなります。

よって、もう少し頭金を増やすことをおすすめいたします。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです、
リアルビジョン 渡辺行雄

評価・お礼

シェフチェンコ さん

ご回答ありがとうございます。
具体的な数字を出していただき、参考になりました。
ちょっと冷静になって考え直してみます。

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローンの試算

マネー 住宅資金・住宅ローン 2008/07/30 00:37

現在購入を考えているマンションがあり、
住宅ローンの妥当性について
是非プロの方のご意見をいただきたく思います。

物件価格:5000万
年収  :850万(年俸制のため変動なし)
自己資金:1000万(親から… [続きを読む]

シェフチェンコさん (東京都/29歳/男性)

このQ&Aの回答

住宅ローンの試算について 藤森 哲也(不動産コンサルタント) 2008/07/30 00:46
住宅購入について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2008/07/30 10:49

このQ&Aに類似したQ&A

購入しても大丈夫でしょうか? dakamariさん  2013-10-30 09:12 回答1件
手取り月収30万での住宅ローンについて veranoさん  2009-03-08 15:10 回答3件
住宅ローン7倍の借り入れ オサムシさん  2008-03-23 22:09 回答6件
社宅のままか、マイホーム購入か ロペスさん  2014-02-10 00:47 回答3件
住宅ローンの妥当性につきまして kanteiさん  2012-10-02 21:20 回答3件