保険料や税金について - 葉山 直樹 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
葉山 直樹 専門家

葉山 直樹
経営コンサルタント

- good

保険料や税金について

2008/07/29 18:34
(
4.0
)

はじめまして。
起業支援コンサルタントの葉山 直樹です。

>自宅で週2日ほど 〜 労災の手続きだけしようと思っていました。<

雇用される方が発生しますと、保険の手続きが必要となってきます。
特に法律で強制加入になっておりますのは労災保険です。


正社員やアルバイトの区別なく、すべての方において加入が義務付け
られています。

また、原則「労災保険」の加入と一緒に手続きが必要になる「雇用保険」
(失業保険)は、1週間の労働時間が20時間以上であれば、こちらも併せて
加入することになります。(20時間未満の場合は、加入の必要なし)

>このような雇用の場合でも源泉徴収の必要はあるのでしょうか<

労働条件を元に雇用契約がなされ、給与が支払われるということであれば、
原則支払われる給与から所得税を徴収しなければなりません。

源泉徴収をした後は税務署に毎月10日まで納付することとなっています。
(その前に開業届けが必要です。)

>その他にも友人に対して 〜 あるのでしょうか?<

保険関係はこんなところですが、先ほどの所得税の計算にともなって貴社で
年末調整するのか、それとも別に勤めている会社があればそちらでおこなう
のか、もしくは個人で確定申告するのか、をお勤めされる方は検討する必要が
あります。

>また主人は自営業のため 〜 どのような影響がありますか?<

まず国民健康保険は、各市町村で運営している為、扱い方や保険料の計算方法
が異なります。

基本的に、家族(世帯)単位で保険料は計算され、その世帯の人数や所得が
増えれば、保険料も増える仕組みになっていますので、奥様の収入が増えれば
国保料も上がることが予想されます。

最後に税金ですが、所得税については、もしご主人の扶養(年収103万円未満)
から外れれば、お二人とも所得税が発生します。

ただし、青色申告をしていれば売上収入から必要経費を控除し、調整が
可能になる場合もあります。

以上です。
頑張って下さいね!

評価・お礼

ワンワン さん

わかりやすく回答していただきありがとうございました。
回答を受けて再度質問があるのですが、追記に書いてしまいました。
すみませんがよろしくお願いします。

回答専門家

葉山 直樹
葉山 直樹
( 北海道 / 経営コンサルタント )
株式会社MTS 代表取締役
011-520-5081
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

企業から個人までWebマーケティング専門のコンサルティングを!

上場企業から個人まで、Webマーケティングや販促・プロモーションについてクライアント様の目標に合った無駄の無い効果的なコンサルティングを行います。大手コンサルファームでは実現不可能なローコスト、小回りの効く戦略策定にご好評いただいております。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

個人事業で友人に手伝ってもらう場合の手続き

法人・ビジネス 独立開業 2008/07/26 22:38

自宅で週2日ほど、こじんまりと犬の美容室を始めることになりました。
友人に手伝ってもらうのですが、1日5時間程度で月に4〜8日だけなので、労災の手続きだけしようと思っていまし… [続きを読む]

ワンワンさん

このQ&Aに類似したQ&A

個人事業の開設方法につきまして 太陽光さん  2010-02-15 10:30 回答3件
給与所得者の週末起業について merceさん  2007-11-10 05:40 回答2件
個人事業主が友人と別の事業を開始するには CoA-Jinnさん  2009-08-09 16:30 回答1件
個人経営における従業員雇用について sasurai66さん  2007-08-30 21:33 回答1件
友人と起業を考えています haru-bo-さん  2016-04-06 00:51 回答1件