住宅購入の件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅購入の件

2008/07/10 16:01

oguxxさんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『毎月10万円を支払いながら、繰り上げ返済もしなければならなくて、生活していけるのでしょうか?』につきまして、頭金につきましてはご両親からの援助もあり、物件価格の20%以上は確保できていますので、大丈夫です。

尚、毎月の返済につきまして、ふたり合わせた月収金額に占める住宅ローンや管理費・駐車場使用料の割合が、28%以内に収まるようにしてください。

ふたり合わせた手取り月収金額に占める住宅ローンや管理費・駐車場使用料などの割合が30%を超えてしまうと、思うように貯蓄ができなくなってしまい、お子様の教育資金をはじめ、将来予定しているライフイベント資金にも、支障をきたす可能性があります。

oguxxさんの場合、住居費用が75,000円から100,000円に増加することで、毎月の貯蓄金額が25,000円ほど少なくなってしまうことになりますので、繰り上げ返済資金が思うように積み立てられなくなってしまうことになりそうです。

尚、贈与税につきましては、受領する所得金額が110万円を超えると、超えた所得金額に対して贈与税が課税されます。

贈与税につきましては、適用税率が最も高い税金のひとつとなりますので、できれば課税はされないようにしていただいた方がよろしいと考えます。

よって、ご両親からの資金援助につきましては、贈与とするのではなく所有権の一部として共有持ち分登記をするようにした方がよろしいと考えます。

尚、税率は低くなりますが、この場合でも不動産取得税などが課税される可能性がありますので、所轄の税務署で確認をするようにしてください。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローンについて

マネー 住宅資金・住宅ローン 2008/07/09 16:01

夫(35歳)介護福祉士 年収370万、妻(26歳)契約社員 年収200万、1歳半の子供がいます。
新築マンション(2950万)を買おうと思っていますが、毎月のローンの支払いなどどのようになるのか、これから生活して… [続きを読む]

oguxxさん

このQ&Aの回答

住宅ローンについて 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2008/07/09 16:15
住宅ローンについて 藤森 哲也(不動産コンサルタント) 2008/07/10 09:17
登記 2008/07/11 15:09

このQ&Aに類似したQ&A

社宅のままか、マイホーム購入か ロペスさん  2014-02-10 00:47 回答3件
住宅ローンについて accoaccoさん  2010-07-21 00:39 回答7件
住宅ローンについて。 k2k2さん  2012-06-06 01:16 回答1件
購入しても大丈夫でしょうか? dakamariさん  2013-10-30 09:12 回答1件
中古物件購入 みちんさん  2009-09-08 16:38 回答3件