顧問収入について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
中村 亨

中村 亨
公認会計士

- good

顧問収入について

2008/07/08 10:47

給与所得は、会社と個人との間の雇用契約又はこれに準ずる関係に基づいて提供される人的労務の対価に係る所得であり、給与所得者は、会社との関係において非独立的であることが特徴です。
事業所得は、個人の責任において営まれ、営利性と有償性を有し、かつ、反復継続して遂行する業務から生ずる所得と考えられます。
従いまして、今回、役員報酬として支給しているということは会社側が雇用又はそれに付随する非独立的な労務の提供を求めていると解釈します。もしも事業所得であると主張するならば、その労務の提供についての責任は会社ではなく個人に帰属し、あくまでも独立した形で会社と業務委託契約などを締結し、責任の所在をハッキリさせることが必要ではないでしょうか。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

顧問収入について

マネー 税金 2008/07/08 07:44

私は6月まで会社役員でした。退任後、顧問となり定額で20万円の顧問料が支払われることになりました。
他方私はこれまで財団の理事として、年2回ほど車代をもらい、その他、役員をしていたので、会費の支払いの… [続きを読む]

mackさん (神奈川県/63歳/男性)

このQ&Aの回答

事業所得としての要件を充たす必要はあります。 佐々木 保幸(税理士) 2008/07/08 18:15

このQ&Aに類似したQ&A

非常勤顧問収入の税金について モモリンさん  2010-08-26 10:05 回答1件
確定申告と年末調整について tk6361さん  2015-11-13 13:12 回答1件
法人なりした時、社長からの借入について パンくんさん  2013-10-22 13:47 回答1件
個人事業主の配偶者控除について ターチャンさん  2013-02-25 23:30 回答1件