認知症の予防・改善について - 川井 太郎 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:マッサージ・手技療法

川井 太郎 専門家

川井 太郎
整体師/あん摩マッサージ指圧師

- good

認知症の予防・改善について

2008/07/10 00:14

はじめまして、川井筋系帯療法の川井太郎と申します。


私が研究をしていた国際医療福祉大学大学院では、看護師や助産師、理学療法士、作業療法士、心理士、介護福祉士、放射線技師など様々な専門分野の先生方が、分野を超えて研究活動をしています。


その中で認知症についての研究もなされており、臨床的に認知症の大半の方々が、

''1、水分不足''により、体内循環、体内老廃物の排斥が十分出来ていない。

''2、栄養不足''、特に肉などのタンパク質、ミネラル不足にある。

''3、身体運動不足''(家の中に閉じこもり、体を動かしていない)。

''4、コミュニケーション不足''(人との会話刺激がない)。


ということです。


この4つの項目は大変重要で、この4つを改善することで、臨床的、実践的に多くの認知症が改善
可能ということです。


''1、水分をよく摂らせる!(1日2リットル以上)''

お年寄りは、トイレに行く回数が増えるのを嫌うため、水分を摂らなくなるので、体内循環、体内老廃物の排斥が十分でなく、毒素がたまりやすくなります。

水分補給をして、排尿排便を促しましょう。


''2、栄養ある食事を摂らせる!''

お年寄りは、魚、野菜中心の食事になりやすく、重要なタンパク質やカルシウム、鉄分などのミネラルが不足して、代謝活動低下、免疫力低下を起こしやすくなります。(帯状疱疹は、免疫力の低下の現れ。)

お肉もしっかり食べさせて、栄養をしっかり摂らせましょう。


''3、身体活動量を増やす!''

お年寄りは、閉じこもりになりやすく、筋力低下、代謝活動低下が起こりやすくなります。

1日1回は、散歩など外へ出て、体を動かし、また、自分で出来ることはなるべくやらせましょう。


''4、家族でコミュニケーションをとる!''

会話をすることは適切な脳刺激になり、記憶力、思考力の低下を防止できます。



以上、家族みんなでこの4つを実践してください。


そして、あなたは、よく食べて、よく眠ること!


 川井太郎 MS RMT ABAAHP

回答専門家

川井 太郎
川井 太郎
( 東京都 / あん摩マッサージ指圧師 )
川井筋系帯療法治療センター 院長
03-3406-3791
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

身体の歪みを改整してナチュラルヘルスケア&アンチエイジング!

首肩こりや腰痛、便秘、更年期障害、アトピーなどの諸症状を独自の身体分析法と手技施術で改善へ導きます。35年の歴史がある独自の整体「川井筋系帯療法」は、東京、横浜、船橋、大宮、名古屋、札幌でこれまでに5万人以上の施術実績があります。

(現在のポイント:1pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

祖母が帯状疱疹になり痴呆らしき症状が

心と体・医療健康 マッサージ・手技療法 2008/07/07 12:16

よろしくお願いします。
先日祖母が帯状疱疹になり、近所の皮膚科を受診して軟膏と内服薬で現在自宅で治療中です。
帯状疱疹が出たのが右目の周辺から右側頭部にかけてで、左目のまぶたと鼻筋… [続きを読む]

かなんさん (埼玉県/25歳/女性)

このQ&Aの回答

自分の身体も労わって下さいね 市原 真二郎(カイロプラクター) 2008/07/07 23:53

このQ&Aに類似したQ&A

腰の治療について教えて下さい torakkoさん  2011-02-22 23:33 回答3件
手足のしびれ、足首の硬直の対処法は? sizukuさん  2009-09-07 22:27 回答1件
肩痛についての治療 jinsugiさん  2008-07-01 11:24 回答3件
頚の不調 オサムさん  2007-12-24 15:38 回答4件
頸椎ヘルニアと肩関節炎症のリハビリについて chelseafcさん  2016-04-24 15:18 回答1件