地盤の許容応力度 - 斉藤 進一 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:住宅設計・構造

地盤の許容応力度

2008/07/03 15:14

こんにちは

最近の地震の多さで、地盤に対する不安が募りますよね。。

今回調査された結果で、2メートルより深い地盤がどのような状態かも気になるところです。
また、地下水位が地面から何メートル下にあるかもチェックポイントの一つです。

石混在の層を''密実な礫(れき)層''と判断されているなら良好な地盤とも言えます。

地盤の許容応力度(長期) 
・密実な礫層   300キロニュートン/平米
・密実な砂質地盤 200キロニュートン/平米
・固いローム層  100キロニュートン/平米

しかし、密実な層は、試験のロッドが長くなるほど曲がり径10ミリ以上の礫にあたるなどからN値が大きく出る場合もありますので、HM以外の第三者保証機関に施工方法を仰ぐのも一つの方法ですね。3から4箇所の調査をしていれば地盤全体の状態もわかります。

地盤からの湿気対策や構造の安定面から、基礎は「べた基礎」がオススメです。
(布基礎より費用はかかります)

ご参考まで


やすらぎ介護福祉設計  斎藤

回答専門家

斉藤 進一
斉藤 進一
( 埼玉県 / 建築家 )
やすらぎ介護福祉設計 代表
048-935-4350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

介護福祉のことなら何でも相談できる、ワンストップ型を目指して

医者に外科・内科等あるように、建築士にも介護福祉専門家がいてもいいと思いませんか?障がい者・高齢者や団塊世代が「終の棲家」としての住まいで安心して暮らせるサポートを致します。車いす使用などバリアフリー住宅や高齢者福祉施設などもご相談下さい。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

地盤調査について

住宅・不動産 住宅設計・構造 2008/07/03 12:24

新築を立てる際、HMに地盤について聞きました。調査の結果、石混在の層で2MくらいでN値6だということです。ですから、杭打ちは必要ないということです。ネットでN値の判定について調べましたが、砂層、粘土層の場合… [続きを読む]

シフォンちゃんさん (北海道/40歳/女性)

このQ&Aの回答

地盤保証に入るのも一つですね 八納 啓造(建築家) 2008/07/03 20:26
地盤調査のからくり 野平 史彦(建築家) 2008/07/05 14:33

このQ&Aに類似したQ&A

拡底基礎の適正価格 ノリママさん  2008-07-03 01:44 回答3件
地盤と擁壁について stsyrupさん  2015-04-19 14:49 回答1件
ベタ基礎と布基礎について 1931さん  2012-11-18 00:54 回答2件
盛り土と基礎について hakaさん  2010-10-03 08:42 回答2件
少ない建築面積での増築で地盤改良は不要? ぽこぽんさん  2010-03-02 12:01 回答1件