時間外労働・割増賃金について - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

時間外労働・割増賃金について

2008/07/07 21:00

1 割増賃金について

 ア 時間外労働・・・「2割5分以上」

 イ 深夜労働(原則として午後10時から午前5時まで)・・・「2割5分以上」

 ウ 時間外労働と深夜労働が重なる場合・・・重なる部分については割増率が「5割以上」

  ですから、24時から28時までの時間外労働についてはウに該当しますので「5割以上」の割増賃金がつきます。


2 割増賃金が支払われない場合の対処方法

 適法な割増賃金が支払われない場合の対処方法としては、会社と直接交渉するという方法ももちろんありますが、会社がきちんと対応してくれるとは限りません。その場合、

 a 労働基準監督署に申告する方法

 b 労働組合を通じて交渉する方法

 c 裁判所に民事調停の申立をする方法

 d 裁判所に労働審判の申立をする方法

 e 少額訴訟(60万円以下の金銭の支払いを求める場合)

 f 通常訴訟

 といった方法があります。

 d・e・fは日々の実際の労働時間について証拠が揃っている場合に向いていますが、実際にはそういう場合は限られているでしょう。

 そのため、a、b、cあたりが現実的といえます。

 aの労働基準監督署への申告の際には、「労働基準法104条1項の申告」とおっしゃって申告書を提出してください。申告が受理されると会社への臨検(立入調査)・書類提出要求(同法101条)などが行われることにより違反の事実が判明すれば是正勧告が出されます。なお、申告をした者の氏名が会社に知られないように依頼すれば配慮してくれます。


3 参考

 法定休日の割増賃金の率は3割5分以上、休日労働と深夜労働が重なる場合の割増賃金の率は6割以上とされています。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

夜勤手当、長時間手当てについて。

法人・ビジネス 企業法務 2008/07/04 01:09

職種は建設業で、日給制です。日勤作業では、8時〜5時まで。残業代は1H2割5分増しでもらっていますが、夜勤については7時間労働しないと夜勤手当2割5分がもらえません。
時間帯ですが夜勤の場合某… [続きを読む]

happy8839さん (東京都/29歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

業務委託基本契約書のある事項についての、合法性 ベンチャー役員さん  2014-07-11 01:35 回答1件
会社役員の退職について y--manaさん  2011-07-10 23:25 回答1件
契約の解消について sunnydayさん  2011-01-31 23:17 回答2件
契約更新について nobumiyaさん  2009-08-12 04:11 回答1件