住宅ローンの件 - 渡辺 行雄 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。
渡辺 行雄 専門家

渡辺 行雄
ファイナンシャルプランナー

- good

住宅ローンの件

2008/07/02 17:36

矢場さんへ

はじめまして、個別相談専門のファイナンシャル・プランナーとして活動しています、渡辺と申します。

『1〜3の対策を考えて見ましたが、メリット・デメリットを含めてどれが効果的でしょうか?』につきまして、手取り月収金額38万円に占める住宅ローンに駐車場、管理費、修繕積立金を加えた住居費用の割合は、33%以上となってしまいますので、これでは毎月赤字になってしまうのも無理はありません。

対策として、矢場さんが考えている1のボーナスで補てんをしていった場合、思うように貯蓄ができなくなってしまうため、お子様の教育資金をはじめ将来予定しているライフイベント資金に支障がでると思われますので、お勧めできません。

また、2の短期固定で住宅ローンを組む場合は、ほぼ毎年のように繰り上げ返済を行い、早期完済ができるということで、収入面からすると比較的余裕がある方に適しています。

よって、3の借入期間を35年に変更するということが、最も無難な選択となります。

ただし、35年とした場合でも、手取り月収金額38万円に占めるの割合は、30%を超える水準となりますので、家計管理をしっかりとしていく必要があります。

以上、ご参考にしていただけますと幸いです。
リアルビジョン 渡辺行雄

回答専門家

渡辺 行雄
渡辺 行雄
( 東京都 / ファイナンシャルプランナー )
株式会社リアルビジョン 代表
098-860-8350
※お電話の際は「"プロファイル"を見た」とお伝え下さい。

ご相談をされたお客様が安心して生活できるマネープランをご提供

マイホームの購入資金対策、お子様の教育資金対策、ご夫婦で安心して老後を過ごすための老後資金対策など、人生には幾つものライフイベントというお金に関するハードルがあります。そんなハードルをクリアしていただくためのマネープランをご提供します。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

住宅ローン 返済額について

マネー 住宅資金・住宅ローン 2008/07/01 12:30

はじめまして。
矢場と申します。
この度、マンションを購入することになり、
住宅ローンについて相談させて頂きます。

<家族構成、収入>
本人:34歳
   年収600万円…月38万円、ボー… [続きを読む]

矢場さん (大阪府/33歳/男性)

このQ&Aの回答

住宅ローンについて 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2008/07/01 13:58

このQ&Aに類似したQ&A

住宅購入時期と家計の見直しについて FranFranさん  2009-11-14 16:51 回答2件
住宅ローンの返済が可能でしょうか kurukurusanさん  2014-09-10 20:37 回答1件
家計診断と住宅購入の相談です。 よっつんさん  2009-07-12 01:19 回答6件
住宅費が家計を圧迫しています。。。 ちゅんさん  2008-04-29 11:41 回答6件