迷った時こそ「ライフプラン」を作りましょう - 栗本 大介 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

注目のQ&AランキングRSS

対象:家計・ライフプラン

栗本 大介 専門家

栗本 大介
ファイナンシャルプランナー

- good

迷った時こそ「ライフプラン」を作りましょう

2008/06/26 18:02

hulacatさん、はじめまして。
FPの栗本と申します。

目標がはっきりしないので漠然と貯蓄をしている、とのことですが、hulacatさんの場合、やはりご自身の将来の生活設計を考えてみることから始めるべきかと思います。

仮に、ファミリータイプのマンションを買うのであれば、いつごろ、いくらぐらいの予算で、などをざっくりとでもいいので考えてみてください。
「買う」か「借りる」かどちらがいいのかは、その方の状況によるとしか言いようがないのですが、将来のプランからある程度絞り込むことができるのではないかと思います。

例えば、将来はご実家に帰られることが想定されるのであれば、賃貸の方がいいかもしれませんよね。

また、その際には、現在お持ちの不動産をどうされるのか(売却するのか、人に貸すのかなど)を決められる必要もあるのではないでしょうか。

このような、漠然とした将来の不安を、具体的なものとしてとらえるには、将来の資金計画表(=キャッシュフロー表)を作成されるのが一番だと思います。

※下記のページに、作成の仕方やサンプルがありますので、参考にしてみてください。
 http://fpoasis.jp/modules/smartinvest/item.php?itemid=6


頂いた家計状況からしますと、毎月の支出が約26万円で、hulacatさんの収入が年間600万円。これが額面収入だとすると、手取りは500万円〜530万円ほどかと思われますが、月にならすと約42万円ほどになるので、差し引き16万円の黒字ですから、夫の収入を別にしても、年間192万円の貯蓄が可能ということになります。

この数字を聞かれて「なんだか現実と違う・・」と思われたのであれば、是非とも上記でご案内したキャッシュフロー表を作ってみてください。そして、1つずつ現実に即した内容に修正してみてください。

きっと、お金に対する接し方が変わってくるのではないかと思います。
目標が具体的に見えてくると、貯蓄ペースもあがるかもしれませんね。

回答専門家

栗本 大介
栗本 大介
( ファイナンシャルプランナー )
株式会社エフピーオアシス 代表取締役

商品ありきではなく、まずはお金の考え方を養うことが大切です

お金に振り回されることなく、みんなに幸せな生活を送って欲しい。それが、私がFPを続ける理由です。生活者の立場に立った、あなたの身近な「マネーの専門家」として、必要なときにはいつでもお役に立ちます。お金との上手な付き合い方を一緒に考えましょう。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

今後のライフプランの立て方

マネー 家計・ライフプラン 2008/06/26 10:35

夫(31)
アルバイト、個人事業主を経て昨年秋一人で会社を設立。一昨年、帰化。会社報酬は240万。個人事業部分は未確定。
私(40)
勤続20年。給与600万
娘(4)
資産:中野1LDKマンション38?所有(… [続きを読む]

hulacatさん (東京都/40歳/女性)

このQ&Aの回答

今後のライフプランのたて方について 辻畑 憲男(ファイナンシャルプランナー) 2008/06/26 11:29
何がしたいかでライフプランを決めませんか。 上津原 章(ファイナンシャルプランナー) 2008/06/26 16:07
ライフプラン作成と毎月積み立てと資産運用のお勧め 吉野 充巨(ファイナンシャルプランナー) 2008/06/26 21:19
ライフプラン設計の件 渡辺 行雄(ファイナンシャルプランナー) 2008/06/27 09:23

このQ&Aに類似したQ&A

今後のライフプランについて oiak3535さん  2011-04-23 01:06 回答3件
年間いくらぐらいの貯蓄が必要ですか。 レインデッキさん  2013-06-26 10:18 回答1件
どんどん家計が苦しく・・・ minminmamさん  2011-06-02 18:23 回答3件
長生きリスク対応について ももここららさん  2011-05-16 09:56 回答4件
この家計で子ども3人は難しいでしょうか? にこたんさん  2010-01-25 22:12 回答2件