消費税の扱いによって変わります - 専門家回答 - 専門家プロファイル

専門家の皆様へ 専門家プロファイルでは、さまざまなジャンルの専門家を募集しています。
出展をご検討の方はお気軽にご請求ください。

消費税の扱いによって変わります

2008/06/18 18:21
(
5.0
)

こんにちは、イチローさん。

コンサルタントの若宮光司です。

10万円以下という金額が判断に難しい金額となります。

消費税の課税事業者が毎回の経理処理を税抜き処理しておれば、消費税を除いた金額が10万円以下であれば『消耗品費』として経費処理できます。

消費税の課税事業者であっても税込処理していたり、消費税の課税事業者でない場合は、消費税込みの金額が10万円以下であれば『消耗品費』として経費処理できます。

経費処理できる金額であっても事業者の判断で減価償却資産として資産計上して減価償却費として経費化することもできます。

評価・お礼

イチロー さん

ありがとうございました。

(現在のポイント:-pt このQ&Aは、役に立った!

この回答の相談

10万円以下のパソコン購入費は消耗品費で経費として、落とせるのでしょうか?それとも減価償却費になるのでしょうか?回答よろしくお願いします。

イチローさん (東京都/22歳/男性)

このQ&Aに類似したQ&A

会社員の副業での確定申告の方法 官九郎さん  2016-11-19 01:32 回答1件
給与所得と事業所得がある場合の確定申告 配偶者控除について アメジストさん  2013-10-09 06:03 回答1件
年金も総合課税できるか hide_szkさん  2013-09-12 17:37 回答1件
雑所得の確定申告について AK-Dさん  2009-09-06 01:39 回答1件
確定申告時の必要経費等について mitiさん  2009-09-01 11:57 回答1件